2010年8月7日、今年210杯目。東川口の「麺匠 喜楽々」さんへやって来ました。
R1096412.JPG
7月24日に訪問したばかりですが、家族のリクエストによりまたまた来店です。

R1096355.JPG
11:30開店直前に到着。

シャッター待ちは2名。

定刻にオープン。

厨房には、柴田店長と女性スタッフ2名。

どーも、こんにちは!(笑)

R1096356.JPG
喜楽々の月替わり今月のご飯は、「シラスとアボカド飯」(350円)

むさし坊蕨店で、大・大・大好評だったと定番メニューの復刻版。

こちらも気になりますが、ついついいつものお気に入りをオーダー。

まずは絶品「玉子かけご飯」(280円)
R1096361.JPG

R1096353.JPG
玉子かけ御飯の玉子は、アクアファーム秩父の「野生卵」

R1096362.JPG
張りが凄くて、色艶が最高!

R1096365.JPG
醤油は、弓削多醤油生揚げ醤油。

感涙の旨さ、最強のTKGです!

そして注文品の「冷やしみそカレー牛乳ラーメン」(850円)完成でーす♪
R1096367.JPG

R1096370.JPG
同時に提供されたのは「溶かしバター」。

「お好みで加えてください」とのアナウンス。

2009年冬の温かいバージョンは、固形バターが麺の上にトッピングされていました。

2010年夏冷やしバージョンは、冷たいスープでバターが溶けないためか、溶かしたバターが提供されます。

R1096377.JPG
具は、ピンクレアチャーシュー、茹でモヤシ、メンマ、ワカメ。

R1096383.JPG
スープは、冷製スープカレー状態。

なかなかスパイシーなカレーですが、牛乳の作用で味わいがマイルドになっています。

味噌は殆ど感じられず、スープにコクを加える隠し味として効いている感じです。

スープカレーとしてもかなり完成度高し。とても美味しいです!

R1096379.JPG
途中で「溶かしバター」を加えると、冷やしみそカレー牛乳バターラーメン」に変身(笑)

一層コクが豊かになります。

続いて連れの「中華ざる」登場!
R1096387.JPG

R1096393.JPG
中華麺のざるそばバージョン

麺の上には、刻み海苔

R1096389.JPG
ガラスのポットには、味の付いていない冷製出汁スープ

R1096392.JPG
出汁スープに、お猪口入りタレ(カエシ)を加えて、お好みの味の濃さで、ざるそばのようにいただきます。

薬味は、刻みネギと生姜。

もろみ味噌は、麺に直接付けて麺と味噌でいただきます。

R1096396.JPG
味わいはまるでそうめんのよう。

魚介系の出汁が効いたスープが美味いです。

R1096399.JPG
今回、特に美味しかったのが麺をもろみ味噌でいただいた方法。

きゅうりは味噌で食べますが、麺を味噌で食べるってのはかなりレア。

でも、それがとても美味しいのです!

R1096358.JPG
そしてお待ちかね、デザートのかき氷(300円)。

シロップの内容は、前回と変わってないかな?

オーダーは、『ハイビスカスを中心に美容系ハーブを使ったシロップ』という「クレオパトラ」にしました。

でいよいよ、かき氷「クレオパトラ」完成でーす♪
R1096402.JPG

R1096406.JPG
いつもながら登場と同時に、「わぁおっきい!」と歓声が上がります。

ハイビスカスの自然で爽やかな酸味が効いていて、とても美味しいです!

R1096409.JPG
ハイビスカスの酸味が効いたかき氷を途中まで食べたら、追加トッピングの「ミルク(アングレーズソース)」(100円)をオーダー。

今回の「ミルク」は、カスタードクリームそのものの高粘度タイプ。

濃密で自然な甘さが最高に美味しいです!



今日も大満足な喜楽々なのでした。今夏、もう何度か訪問しそうな予感(笑) ごちそうさま!

麺匠 喜楽々


お店のデータは、ラーメンバンクをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック