2010年5月7日、今年132杯目。三鷹の新店「中華そば みたか」にやって来ました。
R1091891.JPG
小説にもなった三鷹の老舗有名店「中華そば 江ぐち」が、2010年1月31日、その60年近い歴史に幕を閉じました。

閉店を伝えるニュースは往年のファンやラーメンフリークのみならず一般紙にも取り上げられるほどの話題となり、閉店当日は100人超2時間半待ちの大行列が出来たそうです。

そんな名店を、同店の若いスタッフだった方が、以前と同じ場所で、同じメニュー、同じ味、同じ価格を目指して「中華そばみたか」として、2010年5月1日復活オープンさせました。
ワタシは、江ぐちは未訪でしたが、新店は屋号こそ違えどそれ以外は以前とまるで同じ形でとのことで、期待の来店です。

R1091866.JPG
お店は三鷹駅南口至近、雑居ビルの地下1階にあります。

らあめん 花月 嵐の入っているビルの地下です。

最初場所がわからなくって、周囲を徘徊してしまいました^^;

12:50頃到着で店内満席。行列こそ無いものの、外待ち一人目になってしまいました。

以前は凹字型カウンターのすべての辺を使って、10席程のキャパだったそうです。
しかし、以前は大将の家にあった機械を店内に運び入れたたため、入口向かって右奥のカウンターは使わないこととし、L字型カウンター8席での営業となっているそうです。

ってか、8席中皿焼豚でビール飲んでる方4名(笑) 平日の昼ですが(゚Д゚ )ナニカ? (笑)

旧江ぐちは、地元に愛される元祖麺酒場だったそうですが、その雰囲気は新店でもしっかりと受け継がれていますね。

程なく着席。店内は、お若い店主さんと奥様、スタッフの男性の3名体制。スタッフの方の写真は、「江ぐち」後継店オープンのニュースで。

画像は、店内掲示メニュー。食後、店主さんに撮影許可をおたずねしたところ、「抜けがあるので入口側のメニューも撮って下さい」とのことで、メニュー2景(笑)
R1091883.JPG

上と下で、何が足りなくて何が増えているでしょう?(笑)
R1091884.JPG
麺メニューは、
ラーメン450円、ワンタン450円、大盛ラーメン500円、ワンタンメン600円、チャーシューメン700円、チャーシューワンタンメン750円、五目そば650円、五目ワンタンメン750円、五目チャーシューメン750円、五目チャーシューワンタンメン850円
です。
どのメニューも、破格の安さ!

オーダーは、「五目そば」にしました。

20歳代のお若い店主さんですが、元々江ぐちスタッフだったとのことで、常連らしき方々との会話も違和感皆無。
新店なのに、はやくも老舗の雰囲気(笑)

そして待つことしばし、「五目そば」完成でーす♪
R1091869.JPG

R1091874.JPG
丼は、ピカピカの新品。

R1091875.JPG 「五目そば」の具は、ピーマン、モヤシ、ハム2枚、ゆで卵1/2x2個、チャーシュー3枚、竹の子(メンマ)、ナルト2枚、ネギ。

このボリュームで、なんとたったの650円!

具のハムが、なんともユーモラス。

チャーシューは、煮豚ではなく本物の焼豚。

この焼豚で、ビールを飲む方が多いのも頷けます。

R1091877.JPG
スープは、正統派ノスタルジック東京醤油ラーメンの味わい。

濃い醤油色ですが、しょっぱさ皆無。

むしろスッキリ、そしてサッパリ。

毎日でも食べられそうなほど、穏やかで優しい味わい。

美味いですねー!

R1091880.JPG 麺は、四角く形状で黒っぽい色合い。

何と、地粉を使用した自家製麺とのこと!

固めのゆで加減、 いやいや、麺自体硬質な打ち加減。

その食感は、見た目もそうですが、まるで日本蕎麦そのもの。なのに小麦の風味がクッキリ!

この麺だけでも、食べる価値アリ。美味いです!

満足の完食。美味かった〜!
老舗有名店の看板を自ら背負ったお店ですが、この味、この雰囲気、そしてこの接客なら大丈夫。末永く頑張ってください!ごちそうさま!

中華そば みたか


お店のデータは、ラーメンバンクをご覧下さい。