2010年4月23日、今年118杯目。中村橋の「麺や 河野」にやって来ました。
R1091220.JPG
2010年3月25日オープン。
あの名店「麺や 七彩」で修行された方の、初めての同店出身者によるお店です。

麺や 河野の場所を調べていて気づいたのですが、「麺や 河野」は西武池袋線中村橋駅の南側、出身店の「麺や 七彩」は西武新宿線都立家政駅の北側です。
実は徒歩ルートで1.5km程度、20分ほどで何とか歩ける距離なのですね!

R1091225.JPG
店名「河野」は、「こうの」と読みます。

店主さんのお名前ですね。

R1091223.JPG
現在の営業時間は、19:00から50食限定で売切終了までです。

4月28日(水)より、営業時間が変更となります。

11:30〜13:30
17:00〜20:00

なお、4/26(月)・4/27(火)はお休みで、連休となります。

ロケーション的になかなか訪問しづらい場所でしたが、20:00終了になると絶対的にハードルが上がるので、営業時間が変わる前にと、頑張って来店しました。

ってか、『営業時間変更』の告知イラストが、メチャ可愛いです!(^_^;)

R1091227.JPG
入店すると、まず券売機で食券購入です。

メニューはシンプルに、
らーめん650円、味玉らーめん750円、チャーシューめん980円、
トッピング味玉100円、トッピングチャーシュー330円、
ウィルキンソンジンジャエール200円、ビール500円
です。

オーダーは、券売機先頭左端の「らーめん」」にしました。

R1091228.JPG
券売機の横には、カラフルなお冷のコップと、冷水があります。

その隣には、ボード。

書かれていたのは、写真ブレブレ(><)判読不能ですが、碓か、『サバ節を使った手打麺のらーめんです』でした。

R1091230.JPG
お冷のコップ、なんとなく一番手前にあった青をチョイス。

全色並べてみたいです(笑)

店内は、カウンターのみ6席。
正直狭いですが、店主さんと客との間隔が近く、粋な小料理店のように落ち着いて居心地の良い空間です。
R1091229.JPG
19:20頃到着で先客1、後客2。

ウィークエンドの金曜夜は、遅い時間の方が混む法則(笑)

厨房は、店主さん一人で切り盛り。

卓上には、洗い箸とティッシュのみ。調味料無しの潔さ。

BGMは、多分ゆずですね(笑)

そして待つことしばし、「らーめん」完成でーす♪
R1091232.JPG

R1091236.JPG
出身店同様、受け皿付きの白い丼で登場。

ただし、七彩の受け皿は白い陶器のお皿ですが、こちらではステンレス製。

丼から、とても美味しそうな良いアロマが香りたって、食欲を刺激します。

R1091240.JPG
具は、チャーシュー、メンマ、ネギといたってシンプル。

シンプルですが、1枚の絵画のように端整な麺相で、実に美しいビジュアルです。

R1091242.JPG
さば節から摂ったというスープはクリアで雑味の無いスッキリとした醤油味。

油感も極めて少なく、スープとタレの旨味がダイレクトに伝わってきます。

ジャンクと言う言葉とは対極にある、切れ味のある日本刀のような凄みのある味わいで、本当に美味しいです。

麺は自家製麺で、2Fにある製麺室で打っているとのこと。

しかも、手ごね・手打・足ふみ・手切り・手揉みといった工程全てが手作業で、製麺機を使わない完全手打ち麺。
R1091247.JPG
あまりにも手間がかかるために、1日50食用意するのが精一杯だとか。

そんな丹精込められた麺は、茹でる直前にも念入りに手揉みされていて、強烈な捻れ・縮れが加えられています。

風味・コシ・啜り心地・食感ともに素晴らしく、本当に美味しいです。

この麺を食べれただけで、遠方からやって来た甲斐がありました!

R1091249.JPG
具のメイン、チャーシューはサイズもデカく厚切りでスープの熱でとろんと柔らかくなっています。

箸で持つと崩れるほどの柔らかさで、激ウマでした!

食後、お客さんがいなくなったので、店主さんとチョッピリお話。

塩味はずっと研究中だそうですが完成には時間がかかりそうで、提供はまだ先になりそうとのことでした。
つけ麺は?と尋ねたら笑っていました^^;

後客が入店したタイミングで、退店。
美味しい醤油ラーメンが食べたくなったら、頑張ってまた来ますね^^; ごちそうさま!

麺や 河野



お店のデータは、ラーメンバンク」をご覧下さい。