2010年4月16日、今年110杯目。不動前の新店「市屋麺 ICHIOKUMEN」にやって来ました。
R1090853.JPG
元UWFインターナショナルの鈴木健氏が、焼き鳥屋「市屋苑」の2号店としてオープンさせたラーメン店です。

「市屋麺ICHIOKUMEN」=「いちおくめん」とはなんともバブリーな店名ですが、東スポWebによると公募で決まったそうです。

オープンは、2010年4月10日。オープン初日の開店直後は、券売機故障で大行列。

でもビールが無料で振舞われたり、アーネスト・ホーストさんが来店したり、アントニオ小猪木さんがやってきて、店内で客と一緒に「3・2・1・ダァー!!!」をやったとか!?、それはそれは、大変な騒ぎだったようです!(^_^;)

R1090821.JPG
店長さんは、せたが屋・ひるがおでも店長を務めた方で、こちらでも腕を振るわれるそうです。

なので、メニューの先頭は「塩らーめん」。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R1090823.JPG
メニューは、塩らーめん、醤油らーめん、塩つけ麺、各750円。それに、トッピングバリエーションです。

R1090826.JPG
訪問した日(4月16日)から、「しょうゆ・つけ麺」(750円)も始まったそうです。

本日開始の新メニューにも惹かれましたが、オーダーはベーシックスタンダードに、「塩らーめん」にしました。

R1090828.JPG
店内は、L字型のカウンター12席。

21:00頃の入店で、先客5、後客1。

スタッフは、厨房に男性2名、ホール担当の女の子1名。





そして待つことしばし、「塩らーめん」完成でーす♪
R1090832.JPG

R1090836.JPG
シャープなシルエットの「切立丼」で登場です。

R1090837.JPG
具は、海苔、鶏チャーシュー、刻み青ネギ・白ネギ、穂先メンマ、柚子皮です。

R1090846.JPG
やや黄濁したスープは、表面に鶏油がキラキラと光っています。

お味の方は、貝柱を感じさせる芳醇な味わいでコク深く旨味が非常に強いです。

塩角も無くまろやかな味わいで、思わず、おお!と声が出そうなほど、これは美味しいですね!

R1090840.JPG
麺は、厨房に「あさひや製麺」の麺箱があったので、そちらのものかと。

緩やかなウェーブの付いた細麺で、口当たり・食感が良く、まろやかスープともナイスマッチングでした。

麺とスープが好印象でしたが、具もかなり良かったです。

特に、皮に香ばしく焼き目の付いた鶏チャーシューは、香りが素晴らしかったです。 また、長ーい穂先メンマも柔らかさ抜群でした。

満足の完食。ネタ的話題的にオモロイ店というだけでなく、ラーメンもしっかりと美味しかったです。

帰りに、開店祝いのボールペン兼マーカーを貰いました。ありがとうございました!
R1090858.JPG R1090860.JPG

次回は、塩つけ麺をいただきたいです。ごちそうさま!

市屋麺 ICHIOKUMEN


お店のデータは、ラーメンバンクをご覧下さい。