2010年3月29日、今年91杯目。本日神田にオープンした新店「野郎ラーメン 神田本店」にやって来ました。
R1089565.JPG
せたが屋系列に、赤羽店十条店、川口店、草加店、上野店などチェーン展開している「大ふく屋」というブランドがあります。
その大ふく屋の一部店舗で限定提供して好評を博していたラーメンの名称が、「野郎ラーメン」です。

その商品名「野郎ラーメン」をそのまま店名にしたのが、新店「野郎ラーメン」です。
先に「野郎ラーメン 西川口店」がオープンしていましたが、今回神田にオープン。こちらが、本店扱いとなるみたいです。

R1089524.JPG
お店の場所は、油屋製麺の隣です。

店頭には、何故か有名人からの開店祝花がいっぱい!

せたが屋グループ代表前島さんは当然として、上村愛子さん、

R1089525.JPG
元WBC世界フライ級王者内藤大助さん、K-1世界王者セーム・シュルトさん

R1089526.JPG
東関部屋高見盛精彦さん

R1089527.JPG
俳優の川崎麻世さん、フィギュアスケートの織田信成さん

R1089534.JPG
横綱白鵬翔さん

R1089536.JPG
ラーメン店代表は、せたがや出身の店主さんの「めんや参丸伍

R1089566.JPG
「野郎ラーメン」の特徴は、一言でいうと二郎インスパイアです。

濃紺豚骨醤油に極太麺、無料トッピングは、ニンニク増し、あぶら増し、カエシ増し、化調増しです。

カレースパイスは、卓上に調味料としておいてあります。

R1089528.JPG
店頭掲示の『オープンのお知らせ』


20:20頃店頭到着で店内満席、外待ち3名。行列の後ろへ並ぶと、麺が後3玉しか残っていないとのこと。
かなり危なかったですが、ギリギリセーフ!(笑)

それから、券売機はお店の外、入口の右側にありますが、ワタシが到着した時は券売機が故障していて、手で前金会計となっていました。

主なメニューは、メガ豚野郎980円、豚野郎880円、野郎ラーメン680円
味噌と辛味噌は各20円増し、辛味噌2倍はプラス100円

汁なし野郎680円、汁なし豚野郎880円
唐揚げ1つ120円、3つ330円、等々

野郎弁当、女神弁当各600円なんてのもあります。
R1089532.JPG
オーダーは、「野郎ラーメン」(680円)にしました。
ニンニクの有無を聞かれますが、ディフォで少量入るとのことでしたので「ニンニク抜き」でお願いしました。

R1089559.JPG
程なく後客が並んで、本日分終了(^_^;)

1枚目の画像は食後撮影なので、「準備中」表示。

券売機掲示は「スープ切れ」でした。

厨房内スタッフは3名、行列整理のスタッフ1名。
R1089539.JPG
BGMは、ビートルズ。

卓上様子です。

席は、真っ直ぐなカウンター7席。はっきり言ってかなり激狭です。

肩寄せ合いながら、デカ盛りラーメンをガッツリ食らう感じで、確かに女子は入りづらいですね。

そういう意味でも「野郎」の為のラーメンかも。
チラシに『飲めるラーメン屋』と書いてありますが、地下に座敷があるそうで、飲みはそちらでということのようです。

R1089538.JPG
卓上掲示『野郎の美味しい食べ方』

そして待つことしばし、『野郎ラーメン』完成でーす♪
R1089543.JPG

R1089552.JPG
具は中華鍋で炒めたモヤシとニラ、チャーシュー、TOPに一味がパラリと振りかけられています。

R1089549.JPG
チャーシュー、デカ!

ちょっと脂が多いところは食べにくいですが、赤身の部分も柔らかくて、美味しいです。

R1089555.JPG スープは、比較的粒の大きい背脂が多めに浮いた、醤油味。

豚のエキスがしっかりと溶け出したスープに、濃い目のカエシと化調が効いてかなり美味いですwww

モヤシ炒めも、このラーメンにはよく合いますね。

油脂が全く乳化してないので、二郎っぽいかといわれれば、全く違うと断言出来ますが、これはこれで旨いですね。

R1089557.JPG
チラシの『ワシワシ食す』のコピー通り、極太麺は噛んで食べるのが楽しい麺です。

濃いめのスープにも相性良く、美味いです。

この日も忙しくて、これ一食(笑) なので、とても美味しくいただきました。
次回は、辛味噌野郎を辛さ2倍で食べてみたいです。ごちそうさま!

野郎ラーメン 神田本店


お店のデータは、ラーメンバンクをご覧下さい。