2010年3月24日、85杯目。池袋の新店「麺匠 こぶし」にやって来ました。
R1089233.JPG
元「らぁめん 天翔」というお店でしたが、屋号と味を一新して2010年3月25日、なんと明日リニューアルオープンします。

正式オープン前日のこの日、ラーメンバンクモバイルユーザ向けに無料試食会が開催されるとのことで、やって来ました。

R1089234.JPG
無料試食会は、3/24(水)16:00-19:00、先着70名限定。

店頭には、『試食会』の掲示がありました。

16:00ちょうど、店頭到着。

冷たい風雨の吹き荒ぶ中、店頭には10名程の行列。

定刻に開店。

『食券を買う必要はなく、そのまま着席して携帯画面を見せて注文して下さい』とのアナウンス。

券売機は調整中の為撮影出来ませんでしたが、店頭にメニュー写真が有りました。
R1089237.JPG
メニューは、
こぶしつけ麺 匠750円、全ノセつけ麺 極950円、こぶしらぁめん 匠700円、全ノセらぁめん 極900円
です。

ちなみに試食会のメニューは、つけ麺とらぁめんのみです。

店内は、コの字型カウンター13席。
R1089203.JPG
奥が厨房で、男性スタッフ2名。接客に、女性スタッフ1名。

外に行列整理のスタッフ2名。

先客に、誰か知り合いがいないかとあたりを見回すと、ゐさん発見、どーもこんにちは!(笑)

隣に席を移動していただきました。
どうも、すみません!

試食会参加者に、味玉orチャーシューの無料券付きチラシが配られました。
R1089205.JPG

そしてまずは、ゐさん注文の「つけ麺」≒「こぶしつけ麺 匠」登場。
R1089207.JPG
並んでいてとても寒かったそうで、あつ盛り注文だそうです。

R1089209.JPG
少し味見させてもらいましたが、つけ汁は典型的な濃厚魚介豚骨味。

背脂もタップリと入っていますが、クドさはなく重厚なインパクトのある味わいです。

R1089210.JPG
麺は、ゴワゴワした食感の極太麺。

あつ盛り仕様でもかなりのコシ・噛みごたえで、啜るのはとても不可能。

モグモグと、噛んで食べる系です。

都内に氾濫するつけ麺のディファクトスタンダードなスタイルですが、やはりこの味は美味しいですね!

R1089229.JPG
で、ゐさんのは開店ファーストロット2杯の内の1杯でしたが、麺の上のトッピングが忘れられていました。

なので、ディフォのトッピングですが、別皿で登場。

ってか、まだ海苔が忘れられてますね!(^_^;)

そしてワタシの「らぁめん」=「こぶしらぁめん 匠」完成でーす♪
R1089213.JPG

R1089218.JPG
具は、チャーシュー、海苔、ホウレン草、筍。

タケノコが、これほどでっかく入っているラーメンは、珍しいかも。

R1089219.JPG
スープのビジュアルは、つけ麺とほぼ同じ。

しかし、味わいはつけ麺と異なり魚介抑えめえのライトな豚骨仕様。

ガッツン度やインパクトは控えめながら、バランス的には食べやすくこちらも美味しいです。

R1089224.JPG
麺も、つけ麺とは全く異なるしなやかな中細ストレートタイプ。

サクサクした食感が、ナイスです。

そしてこちらが、たまたま隣になった見知らぬ方の「つけ麺(冷盛り仕様)」(爆)
R1089226.JPG
って、ちゃんと互いに自己紹介しました(笑)
お隣の方は、小説とソフトウェアの同人創作サークル『虹野制作事務所』の会長さんでした。どーも、はじめまして!

やはりちょっと味見させてもらいましたが、冷や盛りの麺だと麺の味はダイレクトに楽しめますが、猛烈に強靭なコシでアゴが疲れますね(笑)

流行を先端を行く王道の味ですが、激戦区池袋でその真価が試されますね。
本オープン、頑張ってください!ごちそうさま!

麺匠 こぶし


お店のデータは、ラーメンバンクをご覧下さい。