2009年12月4日、北松戸に最近オープンした新店、雷 本店にやって来ました。
R0033868.JPG

こちらは、松戸の超人気店 中華蕎麦とみ田東池袋大勝軒ROZEOに次ぐ直営3号店です。
とみ田流にアレンジした角ふじライクなラーメンが提供されるとか、つまり二郎風ラーメンですね。

店名は雷 本店。「本店」と付くだけに、いずれ支店が出来るのかな?

オープン日は2009年11月25日。ビッグネームが放つ話題の新店だけにとても気になっていましたが、ようやく来店できました。

R0033839.JPG
お店は北松戸駅東口から徒歩3分ほど、国道6号沿いトヨタカローラ千葉の隣です。

国道沿いということで、店舗看板がかなりでかいです。

しかし、でかい看板は対向車線(北上方向)からだと良く見えますが、お店ある道路側(南下方向)を走ってきた車からは逆向きになってます(^_^;)

駐車場は、店舗前に8台ほどあります。

入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、雷そば680円、半熟味玉そば780円、キムチそば780円、辛味そば800円、カレーそば800円、豚増そば880円です(並盛り料金)。
麺の量は、並150g、大280g(並に20円プラス)、特400g(並に120円プラス)です。
その他に、ギョーザ300円、雷飯280円、Tシャツ2800円っていうのもありました。
R0033841.JPG
オーダーは、「辛味そば」(800円)にしました。

R0033844.JPG
店内は、カウンター8席と4人掛けテーブル3卓です。

あまり見ない、かなり特殊な席のレイアウトです。

19:50頃到着で店内満席、ウェイティング席に先客6でした。

R0033843.JPG 厨房にはスタッフ大勢、6名位いたかも。

厨房前壁面には、とみ田グループ(?)の弓張提灯が飾られています。

フロアは、女性スタッフ1名。

その女性スタッフに食券を渡すと、「ニンニク入れても大丈夫ですか?」と聞かれます。

ニンニク無しでお願いしました。

また、先客が野菜増しを注文していたので、店内掲示はありませんが、二郎ライクに野菜マシが出来るみたいです。

R0033866.JPG
そして厨房に近い壁面には、錚々たる有名店(人)の提灯が飾られていました。

右から冨單、気むずかし家、TETSU、ジャンクガレッジ、田代浩二(茨城大勝軒グループ代表)、頑者、六厘舎、無鉄砲、きら星、仁鍛。

R0033854.JPG
並び始めてから15分後、カウンターへ着席。

卓上の様子です。

R0033857.JPG
卓上メニューです。

大でプラス20円とは、かなりお得!

そしてついに、「辛味そば」完成でーす♪
R0033848.JPG

ってか、実際は座って卓上の様子を撮影しようかと思った瞬間にラーメンが運ばれてきました。凄早ッ!
最初はまさかの作り置きかと思い、冷めてたり麺が延びていたりしたらクレームしようかと思いましたが、ほぼ無問題な感じなのでそのままいただくことに。

食べ終えた客がいつまでも席を立たずおしゃべりをしてたとか、それで早く作りすぎちゃったとか、かも知れませんけど、極太麺で着席と同時に出てくるって妙な感じ・・・

R0033849.JPG
気を取り直して^^;

麺量150gの並盛りでも、こんもりとヤサイが盛り上がっています。

R0033853.JPG
具はキャベツ・モヤシの茹で野菜、野菜の上から一味少々、「辛味そば」にしたので、「辛しひき肉」がタップリとトッピングされています。

ってかこの状態では、麺はまったく、スープはほとんど見えず、野菜と辛し挽き肉の盛り合わせにしか見えません!^^;

R0033860.JPG
ヤサイは、キャベツがかなり多くモヤシ少々。

しっかりと茹でられていて、その上量もタップリとあります。

亜流系二郎でヤサイがモヤシばっかりのところもありますが、キャベツが多いのは良心的です。

R0033862.JPG
スープは、乳化が進んでいてとろんとしています。

お味は、濃厚でコッテリとした味わいです。

ライト二郎といった趣のテイストですが、インパクトもあり、なかなか美味しいです。

二郎ファンにも納得の味わいではないでしょうか?

ただ、たまたまかもしれませんが、個人的にはちょっとタレが強すぎ、しょっぱすぎな感じがしました。
スープだけとか、スープと麺だけだとやや塩辛いかな? ヤサイも一緒に食べると、いい感じにはなりました。

R0033863.JPG
麺は極太ストレートで、エッジの立った四角い断面が特徴的な自家製麺です。

ゴワゴワ感とモチモチ感が同居した。美味しい麺です!

R0033859.JPG
トッピングの辛し挽肉は、それほど辛くなくピリ辛な感じです。

そのままでも十分に濃いスープにさらにコクと旨味がプラスされるので、このトッピはオススメです!

R0033865.JPG
チャーシュー、いわゆるブタは、ヤサイの下から出てきました。

ビジュアル的には、ヤサイのタワーが中央に盛られていて、そばにブタが立てかけてあるのが、より宜しいかと。。。

ブタは分厚く、まさに肉感的で1枚でも食べきるのに苦労します^^;

「豚増し」注文したら、大変なことになりそうです!

とまあいろいろ書きましたが、やはりとみ田の直営店ということで水準以上のハイレベルな美味しさでした。
普通盛りだと量もそこそこなので、二郎入門者には好適です。

駐車場とテーブル席もあるので、ファミリーにもイイですね。ごちそうさま!

雷 本店



お店のデータは、中華蕎麦とみ田オフィシャルページをご覧下さい。