2009年11月30日、夜は湯島の路地裏にある隠れた新店・名店、「麺屋 げんぞう」にやって来ました。
R0033702.JPG
2009年10月8日オープン、まもなく開店2ヶ月という新店です。

ほとんどネット上でのレポを見かけませんが、正直あまりの美味しさに感激しました!
なので、急遽連投レポです。

R0033707.JPG

お店は、メトロ湯島駅4番出口出てすぐの路地裏にあります。

木の看板が、とってもシック!

メインメニューは塩らーめん680円、それから四川風担々麺750円です。
R0033700.JPG R0033699.JPG
お店の近くまで来ると、店外にいても店の中から香ばしい美味しそうなダシの香りが漂ってきます。これは期待出来そう!

R0033705.JPG
ランチタイムはライス無料サービス、夜はもやし・揚げネギのトッピングが無料になります。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0033709.JPG
担々麺好きなので「四川風担々麺も」大いに気になりましたが、香ばしい香りに誘われて、オーダーは「丸玉塩らーめん」(780円)にしました。

R0033710.JPG
「夜限定 げんぞう風味噌らーめん」(750円)なんてメニューもありました。

『背脂増量出来ます』とのインフォもあり、ガッツリ系なようです。

これも、そそられます!

R0033733.JPG
券売機そばにあったショップカード。

相当いい紙を使っているのが伺えます。

店内は、狭い厨房を囲むL字型カウンターが6席です。
内1席は、カウンター内と外を結ぶ通路に板を渡してカウンター席としているので、実質5席でしょうか?
R0033713.JPG
店主さんは、一人で切り盛り。その店主さん、お若いですがちょっぴりイチロー似のイケメンです。

BGMはモダンジャズ(?)でしょうか?

思わず、リズムを取りたくなるような軽快なサウンドでした。

19:00近くの来店で先客1名、後客0。

卓上の様子です。

R0033711.JPG
店内壁面には、薀蓄が掲示されていました。

しかし、ブレブレで読めず(>_<)

次回撮影リベンジします(^^ゞ

そして待つことしばし、「丸玉塩らーめん」完成でーす♪
R0033719.JPG
和の趣を感じさせる、優美な歪み系丼で登場です。ってか、このビジュアルは、近くにある超名店 大喜に似てるかも(^_^;)

R0033714.JPG
「もしよろしかった揚げネギをトッピングにお使い下さい」と、渡していただきました。

夜限定のサービスですね。


R0033715.JPG
具は、カイワレ、ワカメ、タップリの刻みネギ、チャーシュー、メンマ、追加の味玉です。

R0033720.JPG
羅臼塩を使ったというスープは、素材の旨味が凝縮していて実にコクと味わいが深く、それでいて切れもありシャープです。

香りも抜群に良く、まさにうむむと唸ってしまう、驚きの美味しさです!

R0033726.JPG
麺は中太で、ウェーブのしっかりとあるタイプです。

つるんとした表面で、噛むとモッチリとした味わいがあります。

とても美味しい麺ですが、この繊細な塩味スープにはもう少し細い麺のほうがより合う気がしました。

R0033724.JPG
チャーシューはジューシーの一言で、とっても美味しかったです。

R0033727.JPG
味玉、箸で割るのに珍しく失敗して崩してしまいましたが、黄身が流れださない程度の半熟でいい塩梅でした。

R0033728.JPG
とにかくスープの美味しさに圧倒されて、夢中で完食。

ほんと美味しかったです!

ってか大喜インスパイア?修行されたのでしょうか?

こうなると、もう一つのメインメニュー「四川風担々麺」も大いに気になってきました。

これほどのお店がこれまであまり話題にならなかったのが、とても不思議です。店主さんの接客も物腰柔らかく丁寧で、それでいて真剣にラーメン作りに取り組む情熱がひしひしと伝わってきます。

再訪は必至です。ごちそうさま!

麺屋 げんぞう



お店のデータはこちら、【エキテン】をご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック