2009年11月30日、5日ぶりの麺食(喜) やって来たのはこちら、麺場 花火です。
R0033670.JPG
2009年11月27日(金)、青山一丁目にオープンの新店です。

こちらは、南青山から神田へ移転した麺屋武蔵 青山(移転先では麺屋武蔵 神山)の店長さんが独立してオープンさせたお店です。
ブロガーの注目度も大変高く、既に多数のレポがアップされています。

ワタシは仕事がパニックしていたので、週明けにようやく訪問です。

R0033731.JPG
お店のOPENを知らせるチラシ。

『惜しまれつつも青山の地を去った麺屋 武蔵 青山店 最後の店長 森本徹が、あの味とともに、腕を上げて再び参上!

店名は 麺場 花火!!

ご来店、スタッフ一同お待ちしております。』

R0033696.JPG
お店はウィン青山というビルにあって、隣が豚富という韓国料理店、そのお隣がづゅる麺 AOYAMAです。

1枚目画像は、ビルの中の入口の様子。

左画像は、ビルの外からの様子です。

入店前に、まず店外店頭の券売機で食券購入です。
R0033672.JPG
基本メニューは、青山ら〜麺750円、花火ら〜麺750円、つけ麺750円です。

青山ら〜麺が麺屋武蔵青山の味を復刻したものだそうで、花火ら〜麺はコッテリにチューニングしたものとの事です。
サイドメニューには、花火飯200円ってのもありますね。

オーダーは、店名を冠した「花火ら〜麺」(750円)にしました。
食券を渡すと、大盛り無料を告げられます。普通盛りでお願いしました。

R0033674.JPG
店内は厨房前にカウンター5席、4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル2卓のレイアウトです。

11:00開店で11:30頃到着、先客8、後客続々いっぱいでした^^;

画像は、卓上の様子です。

カウンター内厨房には男性スタッフ3名、ウチ目の前の方が店主さん。

やはり麺屋武蔵から独立した方がカラシビ味噌らー麺 鬼金棒を神田にオープンさせる際に、それを迎え撃つべく立ち上がったのが、当時麺屋武蔵 神山@神田の店長だった目の前の方ですね(笑)
TVで拝見してました(^_^;)

そして待つことしばし、「花火ら〜麺」完成でーす♪
R0033680.JPG

R0033684.JPG
具は、海苔、刻みネギ、茹でモヤシ少々、チャーシュー、メンマです。

「花火ら〜麺」は、盛り付けが終わった丼のネギの上から熱した香味油をかけます。

その時にジュワッと美味しそうな音がして、それが花火を想起させるので「花火ら〜麺」と名付けられたようです。

R0033690.JPG
麺はカネジン製、美しく揃えられて盛り付けられています。

R0033687.JPG
「花火ら〜麺」のスープは、魚介がベースを奏でていて動物性が前面に出たパワフルな味わいです。

スープに後引く旨さ、グイグイ食べさせる力があり、かなり美味しいです。

R0033691.JPG
麺は角型の断面で、ゆるやかな縮れのあるものです。

スープの絡みも良くて、美味しいです。

R0033675.JPG R0033676.JPG
R0033677.JPG
後半は、卓上調味料を試してみます。

調味料は、全て自家製と思われます。

左上から、辛味とネギ入り魚粉、唐辛子漬けラー油、ネギ(?)入り酢。

辛味いり魚粉が面白い味変効果を発揮しますね。

ラー油はキリリと味が締まって美味しかったです。

R0033689.JPG
チャーシューも、ホロリと崩れる柔らかさ。旨いですねー!

丼の底にはゆずが仕込まれていて、最後にぶわぁーと柚子が香ってきました。

美味しさ満点!

R0033693.JPG
満足の完食!

ただ食べてる間は感じませんでしたが、食後感はややオイリーでしょうか?コッテリ味なのでしょうがないですね。

次回は、麺屋武蔵青山リバイバルな「青山ら〜麺」を食べてみたいです。ごちそうさま!

麺場 花火



お店のデータはこちら、ラーメンバンクをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック