2009年9月22日、千葉県松戸市にある東池袋大勝軒 ROZEOに行きました。
R0030734.JPG
こちらは、松戸で連日大行列の名店中華蕎麦とみ田の2号店(ネクストブランド)で、オープンは、2008年9月27日です。

松戸のとみ田は1時間待ちは当たり前という行列店ですが、こちらもかなり評判がいいので、ずっと訪問機会を伺っていました。
この日は近隣で用事があり、家族でのランチ訪問です。

R0030732.JPG
店名のROSEOは、ワインの種類でもある「ロゼ」から来ているものと思われます。

フランス語で「ros驕vとは、薔薇色のことですね。

こちら東池袋池袋大勝軒ROSEOは、看板に桜がデザインされていることから「大勝軒 桜」といった意味合いで「ROZEO」が屋号に使われていると思います。

R0030726.JPG
大きな看板には、在りし日の東池袋大勝軒の写真が飾られています。

R0030727.JPG
『東池袋の路地裏で産声をあげた特製もりそば
皆様に愛され続け五十余年
ここ松戸にて花を咲かす
是非ご賞味あれ』

ということで、やっぱり桜咲くですね!

R0030731.JPG
駐車場は、お店の前に20台分近くあります。

到着時は満車でしたが、じきに空いて駐車できました。
休日は、店舗外まで伸びる行列を並びますが、席数が多いためか回転は意外と早いです。

並びがお店の入口まで達すると、入り口入ってすぐ横に券売機があります。
R0030735.JPG
オーダーは、ワタシと連れが「特製もりそば 並」(750円)、じいじが「中華そば 並」(680円)です。
サイドメニューに、「餃子」(300円)と「ライス」(100円)もポチリました。

R0030736.JPG
店内ウェイティングスペースに飾られていた山岸一雄さんの御言霊。

『我が道

一を以って之を貫く

池袋大勝軒

山岸一雄』

R0030739.JPG
10人以上の行列でしたが、10分弱で着席。

座席は、カウンター16席、4人掛けテーブル5卓、6人掛けテーブル2卓。

卓上の様子です。

R0030741.JPG R0030745.JPG
R0030746.JPG
店内壁面掲示パンフの数々。

いろいろ賑やかです。

R0030742.JPG R0030750.JPG
R0030744.JPG
店内スタッフが多くもちろんお客さんも多いですが、とても活気があります。

いかにも流行っている感が伝わってくるお店の空気は、いいですね!

R0030747.JPG
ラーメンを待つ間、とりあえず「生ビール」(500円)、おつまみメンマ付です。

ってか、ワタシは運転手なのでアルコール自粛、ジイジの注文です^^;

そしてまずは「餃子」が、到着。
R0030753.JPG
外はパリッと中はジューシー、具は野菜がたっぷりで美味しかったです。

そして待つことしばし、「特製もりそば 並」完成でーす♪
R0030757.JPG

R0030766.JPG
具は、海苔、ナルト、きざみネギ、メンマ、チャーシューです。

最初からつけ汁に入った状態で提供されます。

R0030777.JPG
つけ汁の中のチャーシューは超巨大、角煮かと言う位分厚いチャーシューで、柔らか激旨でした!

R0030764.JPG
麺は太目で、スクエアな断面の自家製麺です。

張り・コシ・風味・食感ともに素晴らしい完成度です。

R0030775.JPG
つけ汁は濃密な豚骨魚介味で、コクと旨味が最高です。

さすがはとみ田と唸らせられる味わい、正直もの凄く美味しいです!

R0030774.JPG
店名に「東池袋大勝軒」とありますが、とみ田がとみ田流に解釈した大勝軒であって、本家大勝軒とは実際のところ別物です。


R0030785.JPG
スープ割りをお願いすると、割りスープがポットで提供されます。

自分で濃度を調整出来るので、これはいいですね!

割りスープは魚介系(鰹?)が強烈に効いていて、思いっきり和風にシフト。

美味しいです!

そしてこちらが、じいじの「中華そば」。
R0030770.JPG
一口味見しましたが、とみ田ほどの濃厚さはありません。しかし、とろりと濃厚なスープは味わいの厚みがあり、抜群に美味しかったです。

R0030781.JPG
そして追加オーダーしたデザートの「杏仁豆腐」(280円)。

ビジュアル的には冴えませんが^^; しっかりとしたコクがあり、これまた美味しいです。

ファミレスっぽい内外装でちょっと心配しましたが、そこはとみ田流の味作り。どのメニューも大満足な美味しさでした!
カレー丼や70円プラスの味噌味ってのも気になりますね。ごちそうさま!

東池袋大勝軒 ROZEO



中華蕎麦とみたの公式HPは、こちらです。


2009 12/1よりとみ田監修の「中華蕎麦 とみ田 つけそば 」が、千葉県内のセブン-イレブンにて販売開始です。
[千葉限定]『中華蕎麦 とみ田 つけそば』を新発売!(←セブン-イレブンニュースリリースpdf)
製品は、お弁当コーナーに陳列される、レンジで温めていただく生麺タイプです。

7月にも「中華蕎麦 とみ田 冷しつけ麺」が、セブン-イレブンから千葉県限定で発売されました。
その時は、冷製スープながら強烈な濃厚さに発売早々大人気、あまりの反響の大きさに千葉限定が解除となり、都内でも販売されました。
今回も早く都内で発売されないかな!(^_^;)