2009年10月30日、大つけ麺博第2陣2日目、nonchさんマッハさんうらちゃんさんFILEさんふらわさんとご一緒させて頂いてます。

1軒目で中華蕎麦とみ田を食べた後の2軒目はこちら、ラーメンダイニングど・みそです。
R0032645.JPG
店主の齋藤さん、行くのが遅くなってゴメンナサイ!ようやくやって来ましたヨ!(笑)

R0032620.JPG
商品受取窓口の机の上に、山椒が置いてあり、お好みでどうぞ」とのインフォが掲示されてます。

そして行列してから8分後、「幻のみそつけめん」完成でーす♪
R0032622.JPG
麺の端に、卓上の山椒をパラパラと振りかけてみました。
ど・みそさん、端整な盛り付けで、デコレーションが実に美しいですね。これまでの作品の中で、ビジュアルキングの筆頭かも!

R0032628.JPG
つけ汁は、げん骨・鶏がら・魚介・野菜などを炊き出した旨味のあるスープに信州、仙台、八町、江戸甘、そら豆の5種類の味噌を合わせた特製の味噌ダレで濃厚な味噌味に仕上げられています。

具は、ニラ、海苔の筏に魚粉、挽肉、麺の上には糸唐辛子です。

R0032630.JPG
麺は浅草開化楼製で、中太のウェーブがかかったものです。

極太ストレート麺が多いつけ博の中では、この麺新鮮な感じです。

R0032634.JPG
容器の端には特製の辛味ダレです。

スープに溶くと、味噌つけ麺が辛味噌つけ麺に味変して2度美味しく楽しめます。

R0032635.JPG
スープの味がやや濃い目、ショッパメですが、他店には無いオリジナリティがあって、とても美味しいですね!

今回も美味しい2杯で、ウレシ満足!(笑)

そして、nonchさん、マッハさんチームのラーメン凪「ニボシボリ」です。
R0032610.JPG
昨日とは盛り付けを変えて、チャーシューを麺の上に配置する形になりましたね。確かに、この方が、見栄えはしますね!(笑)

そしてこちら、大つけ麺博とは無関係ですが(笑)、大つけ麺博の会場日比谷パティオの隣、日比谷シャンテ(東宝日比谷ビル)前北側の「合歓の広場」にあるゴジラ像です。
R0032651.JPG

R0032650.JPG
銘板には、『このゴジラが最後の一匹だとは思えない 古生物学者 山根恭平博士 1954年11月3日』と記されています。

銘板の日付は、初代「ゴジラ」の封切日ですね。

この広場には、東宝スターの手形が多数貼られていて、別名「スター広場」とも呼ばれています。

灰皿も設置されていて、パブリックスモーキングスペースにもなっているので、モクモク嫌いなワタシは、いつも即行素通りでした。

大つけ麺博の帰りでも、ゴジラ像やスター手形の鑑賞はいかがでしょうか?


大つけ麺博



大つけ麺博の公式HPは、こちらです。