R0030824.JPG
2009年7月15日、六厘社大崎本店隣(元ジャンクガレッジ@大崎があった場所)に、タンメン専門店「トナリ」が仮オープンしました。

六厘社の若いスタッフの方が独立する形で、お店をオープン。開店当日に伺ってレポしました

その「トナリ」が、9月19日に移転正式オープンしました!(祝)

お店の場所は、木場と東陽町の間で美学屋の並び、やや東陽町よりです。

訪問日は、9月24日です。

ってか、六厘社隣じゃなくなっても、屋号は「トナリ」なのですね?(^_^;)

R0030797.JPG メニュー(抜粋)は、タンメン720円、タンギョウ880円、タンギョウライス950円、タンカラ880円、タンカラライス950円、ギョウザ400円、唐あげ400円、ビール500円です。

「タンギョウ」とは、タンメンとギョーザのセット、「タンカラ」とはタンメンと唐揚げのセットです。

店内券売機は無く、食後店内最奥のレジにて会計方式です。

ビールは、プレミアムモルツの瓶で、セルフで冷蔵庫から出す方式です。

大崎での仮オープン当時、タンメン750円、タンギョウ1000円だったので値下げしてますね!(喜)

大崎時代には無く新登場のメニューは唐揚げ、メニューの幅が広がりましたね!

逆に無料トッピングの「ヤサイ」「カラメ」は、廃止となったようです。

オーダーは、「タンカラ」(880円)にしました。

R0030798.JPG
店内はL字型のカウンター10席です。

20時近い時間で数人組み退店直後、先客4、後客7、常に満席近くをキープな感じ。

後で知ったのですが、先客に知り合いが居たみたいです^^;

そして待つことしばし、「タンメン」完成でーす♪
R0030804.JPG
提供時、「ショウガ入れますか?」と聞かれ、有りで! 「唐揚げ」は、揚げてるところというので、後に登場。
店内全体が白いインテリアで蛍光灯、WB(ホワイトバランス)がどうにも合わないです(>_<)

R0030805.JPG 具は、中華鍋で炒められた野菜炒め(モヤシ、ニラ、キャベツ、ニンジン、カマボコ、タコ、豚肉、コーンなど)です。

具だけ見ると、ややちゃんぽんチックでもあります。

大崎で食べたバージョンよりも、野菜に良く火が通っていてしんなりとした感じ。

その分、全体にコッテリとてボリューミーな感じになりますが、無料トッピングの「刻み生姜」が爽やかさをプラス。

このバランスなら、前回のように「ショウガ」を別皿にしなくてもちょうどイイ感じです。

R0030811.JPG
スープは、とろんとした豚骨醤油味。

いわゆる伝統的な塩味系タンメンとは異なりますが、炒め野菜から出てくる甘みがスープにコクをプラスして美味しいです!

R0030809.JPG
麺は浅草開化楼製の平打ち縮れタイプ。

食べ応えのある太麺ですが、しっかりと茹でてあって美味しいですね。

コッテリスープに良く合います!

遅れて登場「タンカラ」セットの「唐揚げ」。
R0030814.JPG

R0030818.JPG
単品で400円、タンメンとセットにするとプラス160円と激安!

しかもデカッ!

1個で某ケンタッキーのオリジナルチキン1ピースの3倍はあろうかと言うビックサイズ!

それがなんと3個も!

R0030821.JPG
たった今揚げたばかりの出来立てで熱々!

超絶的美味!ビール頼むんだった!!(笑)

(画像は、箸で割ったものです^^;)

唐揚げ大好きなので、これは想定外の美味しさ、大満足!

あ、ワタシの注文で、この日の唐揚げは終了でした^^;


食後、満ち足りた気分で、「ごちそうさま!」といって退店。ってか、後会計でしたね(^^ゞ
美味しすぎると会計を忘れるので、券売機導入希望です(笑) ごちそうさま!

トナリ



お店のデータはこちら、食べログをご覧ください。