今回のお店はこちら、7月20日にオープンした新店、らぁ麺あんどです。
R0028558.JPG
一茎草@三ノ輪が移転した後に、居抜きの形で入った地雷源プロデュースのお店です。

訪問日は7月29日、秋葉原の新店にふられ、上野の新店にふられ、徐々に北上してこちらへたどり着きました^^;

R0028544.JPG
入店すると、まず券売機で食券購入です。

すみません、これと次の画像、ISO感度上げすぎでノイジーです。

R0028545.JPG
オーダーは、「塩らぁ麺」(750円)にしました。

R0028546.JPG
卓上の様子です。

調味料は、手前から魚粉、一味、酢、粒胡椒です。

画像は、券売機上にあったお店のパンフです。
R0028563.JPG R0028564.JPG
『この度、らぁ麺「あんど」の女性店主 竹中支信のラーメンに対する信念と情熱に心を動かされ、鯉谷指導の元、あんどオリジナルのらぁ麺とつけ麺を創り上げました。
地域の皆さまや老若男女の方々に感じて頂きたい、安堵感あるらぁ麺「あんど」に、ぜひ足をお運び下さい。』

というわけで、店名の由来は女性店主が作る安堵感あるらぁ麺ということでした!

そして待つことしばし、「塩らぁ麺」完成でーす♪
R0028547.JPG

R0028553.JPG
具は、刻みネギ、三つ葉、メンマ、チャーシュー、てっきり揚げネギと思ったものは揚げエシャロットでした。

R0028551.JPG
チャーシューは、提供直前にバーナーで炙られており、とっても香ばしいです。

R0028555.JPG
スープは、『帆立、海老の旨味が効いた塩ダレに鶏油が香る鶏清湯』とのことですが、安堵感ある味を目指してか、地域性を考慮してか、とっても薄味の調味で、端麗な味わい。

ただ、鶏油が効いていてややオイリー、それから揚げエシャロットが効果的に主張して香ばしい風味を加味しています。

R0028556.JPG
麺は、全粒粉を使用した細麺で、和の趣と言うか、蕎麦っぽい風味があります。


『おいしいなぁ・・・ らぁ麺を召し上がるほっとする気持ち 「やすらぎ」と「あんしん」の気持ちを一杯に込めた』
というキャッチコピーですが、確かにしみじみと優しさが伝わってくる美味しさがありました。

隣客の食べていたつけ麺・塩つけ麺がとっても美味しそうだったので、次回はそれをいってみたいです。ごちそうさま!

らぁ麺 あんど



らぁ麺 あんどの公式HPは、こちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック