今回のお店はこちら、東京ラーメンストリートオープン日(6月17日)と同日に川口にてオープンした新店、つけめん102 川口店です。
R0026950.JPG
こちらは、千駄木の超人気店TETSU品達店102大宮店に次ぐ4番目の支店です。

店名の102ですが、店主さんが哲さんで本店の屋号がTETSU、102=10・2=テン・ツーとういのがもっぱらの噂です^^;

訪問日は6月18日、オープン2日目にやって来ました。

R0026927.JPG
こちらのお店は、昼の部と夜の部で味とメニューが変わります。

昼の部:11:00〜16:00 豚骨x魚介のつけめん&油そば
夜の部:17:00〜24:00 鶏x魚介のつけめん&煮干そば

券売機は店頭入り口の左側、外にあります。
メニューは、
  つけめん  800円
  あぶらそば 900円
  煮干そば  700円
が基本で、各種トッピングバリエーションがあります。また、掲示は無いですが、麺量200g・300g同料金だそうです。

  朝そば  550円
  夜中そば 600円
ってのもありました。どんなだろう!?

それから、
  辛くする  50円
なんてのもありました。「辛くする」を10枚位買おうかな^^;
R0026926.JPG
TETSUのつけ麺は、千駄木、大宮、品達各店で食べているので、今回は「煮干そば」(700円)にしました。

R0026932.JPG R0026933.JPG
R0026929.JPG
店内は、L字型のカウンターが17席です。

壁面は、白壁が割れてレンガが剥き出しになったような、斬新というかアーティスティックなデザインです。

卓上には各種調味料と赤いポットは、つけめんのスープ割用鰹出汁スープ、箸は割り箸使用です。

R0026930.JPG
卓上調味料は、酢、胡椒、一味唐辛子、そして、揚げ葱、青海苔、カレーフレークと多彩です。

そして待つことしばし、「煮干そば」完成でーす♪
R0026937.JPG

R0026939.JPG
具は、ナルト、カイワレ、刻みネギ、チャーシュー、メンマです。

湯気が立っていませんが、表面を意外なほど厚く香味油が覆っています。

その油が蓋の役割をして、湯気が立ちません。

しかしスープはかなりの熱々、不用意に飲むと舌を焼きそうです。

R0026942.JPG
そのアッチチスープは、煮干を粉砕した際の煮干粉のようなものが浮いていたりします。

スープのお味は、煮干フレーバー爆発!

煮干のエグミ・苦味が出る寸前で、旨味にまとめている感じ、人によっては煮干がきつ過ぎて辛いかもという位、ガチに煮干が効いています。

意外とオイリーでもあり煮干MAXで、見た目とは裏腹にかなりパワフルな味わい、美味いです。

R0026945.JPG
麺は、中細で縮れが強いコシの強いタイプです。

つけ麺用極太麺の強靭な食べ応えは、この細麺にも受け継がれていて、美味しい麺です。

R0026940.JPG
肩ロースのチャーシューは、赤味で大判、厚さもタップリです。

このチャーシュー、前回食べたときより格段に進歩している感じで、美味しい驚きでした!(笑)

最近夜麺は汁完しないようにしているのですが、今回はあっという間にスープまで完飲、美味かった〜!

もしも機会があれば、いつか油そばを食べてみたいです。ごちそうさま!

つけめん 102 川口店



お店のデータはこちら、ラーメンデータベースをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック