今回のお店はこちら、志木にある麺家 うえださんです。庇の竹箒が印象的な店構えの、店舗外観です。
R0022825.JPG
池袋方面で午後から仕事があり、ちょっと早めのランチにやって来ました。
訪問日は、2月19日です。

埼玉ラーメンイベントSAIROCK 2008の時に来店して以来なので、約2ヶ月ぶりです。

11:30開店のところ、10分前お店に到着、一番海苔〜!(笑)

オープンまでしばし待ちます。お店の前には、焦がし醤油らーめんの幟があります。
R0022802.JPG R0022803.JPG
焦がし醤油らーめんを、埼玉の地らーめんにしようという運動は、このお店から始まりました。

定刻より5分ほど遅れて開店(寒かった(>_<))、開店時8人程の並びでした。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0022806.JPG
オーダーは、一番人気の「特濃」(700円)の辛いバージョン「辛特濃」(750円)にしました。

「特濃」または「辛特濃」を選ぶと、ライトかハードかを聞かれます。
ライトとハードの違いはスープのトロミ加減で、ライトでも十分に濃厚ですが、ハードにすると箸が立つ(!)ほどのどろどろ濃度だそうです。

また、「辛特濃」では、辛さを小辛・(普通・)大辛・特辛から指定できます。

麺家 うえだ 裏サイトによると、「(辛特濃ラーメンは、トロミが強いと辛味がコーティングされてしまうため絶対にライトがオススメ」とのことで、「辛特濃」スープ:ライト、辛さ:特辛でお願いしました。

ちなみに、同サイトによると「辛いものが苦手でなければ、これが当サイトイチオシ」だそうです。

R0022807.JPG
左画像は、券売機上部の掲示です。

こちらも賑やか。

卓上と店内の様子です。
R0022805.JPG R0022808.JPG
店内は、カウンター10席、奥に4人掛けのテーブルもあります。

そして待つことしばし、「辛特濃(ライト・特辛)」完成でーす♪
R0022812.JPG

R0022816.JPG
麺家うえだの看板メニュー「特濃」は、いわゆる濃厚魚介豚骨醤油ラーメンです。

辛特濃は、その特濃(チャーシュー2枚付き)からチャーシューを1枚減らし、代わりに辛肉そぼろをトッピングしたものです。

この辛肉そぼろが、実にいい味を出していて、ほんと美味いです。

R0022818.JPG
具は、海苔2枚、キャベツ、ネギ、メンマ、チャーシュー、辛肉そぼろ、唐辛子、モヤシです。

R0022819.JPG
スープは、ゼラチン質が溶出した濃厚なタイプ、魚介も効いています。

R0022821.JPG
そしてスープ自体も特辛指定だけあって辛旨、ワタシ的には程よい辛さで、トロンとしたスープが超美味です!

R0022824.JPG
麺はストレートの細麺で、多分低加水のタイプ。

やや固めの湯で加減で、スープの濃度に合わせている感じでしょうか?

さっくりとした口当たりで、美味しい麺です。

R0022813.JPG
ゴロリトしたという表現がぴったりのチャーシュー、ワインに漬け込んだ後煮て、その後焼いているそうです。

このチャーシューも、本当に美味しいんですよ!

麺家うえださん、傑作的な限定メニューが有名ですが、定番メニューも感動の美味さでした!
次回は、辛くない「特濃(ハード)」を食べてみたいです。ごちそうさま!

麺家 うえだ



お店のデータはこちら、麺家うえだ公式HPをご覧下さい。