4月29日、昭和の日、祝日ですが午後から会社です(T_T) その前に遅めの朝ごはん(笑)

で、今回のお店はこちら、南阿佐ヶ谷のRAMEN CiQuEさんです。
R0025105.JPG
4月16日提供開始後、フリークの間で大絶賛の限定麺を求めてやって参りました。
1月に来店して、カニとあんきもの驚愕的美味なる限定をいただいて以来なので、3ヶ月ぶり位です。

ホリデータイムで11:00営業開始のところ、限定数が少ないとのことで、気合入れすぎて10:30頃店頭到着、当然一番海苔〜!(笑)
その後開店時間までは、10:40頃2番手の男性到着、11:55自転車で3人家族到着でした。
R0025087.JPG R0025086.JPG
店頭掲示を見ながら、開店を待ちます。

CiQuEさん定休日が変わって、月・火定休になったのですね。

ゴールデンウィークは、4/29〜5/6まで無休とのこと。
ただし、5/7(木)、5/8(金)は振替でお休みだそうです。

その他の変更点としては、麺大盛サービスが、平日ランチのみとなり、また、5月1日より食券にくじが付くそうです。
数日早く来すぎた!(^_^;)

R0025089.JPG

定刻より数分遅れで開店、券売機に限定麺がありました!

今回の限定の仕様です。

品名:雉出汁のかけ塩ラーメン
価格:800円
限定数:1日8食
備考:「山口産雉(キジ) 麺とスープのみで具は入りません。」

そしていつものように店主さんのリズミカルで流れるような作業の後に、「雉出汁のかけ塩ラーメン」完成でーす♪
R0025090.JPG

R0025095.JPG
丼の中には、麺とスープのみ。ネギすらも入っていません。

That'sシンプル、100%ピュアなかけラーメンです。

R0025100.JPG
その丼からは、野趣溢れる力強い、そして実に美味しそうな芳香が漂ってきます。

ブログで香りをお伝えできないのが、実に残念でなりません(^_^;)

R0025097.JPG
透明でかすかに白濁したスープは、雉(キジ)のダシスープとのことで、味付は誤魔化しが効かない塩味です。

そのお味ですが、芳醇でかつ陰影の奥深い、超絶的美味なる味わいでした。

雉鍋などの出汁スープは独特の癖があり、それがジビエ料理にも通じる醍醐味でもありますが、こちらの雉スープは野性的な癖皆無、非常に洗練されたシャープな味に仕上がっています。

かといって、マイルドでおとなしいわけではなく、ぐんぐん旨味が押し寄せてくるタイプで、レンゲを使うのももどかしくなるほど、スープに美味さのパワーがあります。

R0025102.JPG
このラーメンのもう一つの主役である麺は、しなやかな細麺で、しっかりとしたコシが感じられます。

麺を啜ると、激ウマスープが麺の風味・食感との相乗作用でさらに美味さが加速・炸裂します!

麺とスープの一体感が凄まじく、こりゃ、シアワセー!

かけラーメンで、これほどの感動が味わえるとは・・・恐れ入りました!
限定数少なく敷居が高いですが、食べにくる価値は十分にありますね。

食べ終える頃には、店内待ち席も満席プラス立ち待ちも出る状況、大人気なのでした。
ごちそうさま!

RAMEN CIQUE



お店のデータはこちら、ラーメンバンクをご覧下さい。