2008年1月16日、この日は夕方から東戸塚で仕事です。
その前に戸塚で途中下車しておやつはこちらへ、支那そばや 本店です。
R0021796.JPG
こちらは、言わずと知れたラーメンの鬼佐野実さんのお店です。

R0021792.JPG
支那そばや本店は、以前鵠沼にお店がありましたが、そちらは閉店。

こちらは、2008年11月1日に、戸塚にオープンしました。

佐野ジャパン!?錚々たる方々から、お祝いが届いたのですねー!

R0021795.JPG
お店は2階建てで、1Fがラーメン店スペース、2Fが製麺室だそうです。

化粧室が2Fにあり、借りるとガラス貼りで巨大な製麺機が見れるそうです。

当日は、2Fのことを忘れてました(>_<)

R0021819.JPG
店頭の掲示
  「らぁ麺とは・・・
   麺は男
   スープは女
    佐野実」

えぇと、具は?(笑)

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0021799.JPG
オーダーは、「塩らぁ麺」(900円)にしました。

R0021801.JPG
店内はカウンター8席、4人掛けテーブルが3卓です。

佐野さんは、いらっしゃいませんでした。

スタッフは、厨房に男性3名、接客の女性が3名と大勢です。

フロアで女性スタッフが棒立ちにもかかわらず、お冷はセルフです。

にこりともせず、事務的でマニュアルっぽい感のある接客は、あまり感じの良いものではありませんね。

R0021800.JPG
箸はエコ箸、この対応はグーです!

待つことしばし、「塩らぁ麺」完成でーす♪
R0021807.JPG
器は有田焼、醤油と塩で器を変えているそうで、塩は真っ白の丼で提供されました。

R0021815.JPG
具は、チャーシュー、粗微塵切りネギ、揚げ玉ネギ、ワカメ、穂先メンマです。

R0021814.JPG
スープはクリアーで雑味が無く、文句の無い美味しさです。

さすがに食材のレベルの高さ、そして調理工程の徹底した仕事の確かさがうかがえます。

R0021817.JPG
しなやかな細麺は、こちらもハイレベル。

喉ごし良く、いい麺ですね。

R0021809.JPG
チャーシューも、ジュワッと肉汁が沁み出すタイプで、美味いです。

ここのパーツは大変ハイグレードでとても素晴らしく、トータルの味わいも美味しいです。
ただ、後味というか余韻が残らないのですね。あまりにも、クリアでシャープなシフトだからでしょうか?
ごちそうさま!

支那そばや 本店



お店のデータはこちら、ラーメンデータベースをご覧ください。