この日は午後から川崎で仕事でした。移動の合間を縫ってちょっと早めのランチはこちら、つけめん 玉(ぎょく)です。
R0021487.JPG
店名の「玉(ぎょく)」は、玉川店主さんの苗字から1文字取ったものでしょうか?(未確認)
お店正面の玉ねぎマーク(?)が、可愛らしいです。

こちらのオープンは、2008年7月11日。オープン後まもなく、行列の出来る人気店となりました。

また、TOKYO★一週間 ラーメン・オブ・ザ・イヤー2008で新人賞部門優秀賞と、つけめん部門新人賞の2冠に輝きました。
さらに、超らーめんナビのらーナビ大賞2008で、総合2位に輝いたお店です。

訪問日は、2009年1月9日です。(古過ぎの日記ですみません)

R0021520.JPG
最寄り駅は、南武線の浜川崎です。

しかしこの駅は、川崎から尻手で乗換えが必要な上、なんと1時間に2本しか電車がありません(日中時間帯)。

また、駅から15分位歩く必要があります。

しかし、大島三丁目というバス停がすぐ近くにあり、バス利用が断然便利です。

11:00開店のところ11:13お店に到着、この時点で店内空席2でした。

入店すると、まず左奥にある券売機で食券購入です。
R0021489.JPG
オーダーは、「つけめん」にするつもりでしたが、券売機に「辛いつけめん」(850円)のボタンを見つけてしまい、思わずポチッとしてしまいました^^;

R0021494.JPG
店内は、厨房を囲むように、L字型のカウンターが10席です。

卓上の様子です。

R0021492.JPG

卓上メニューです。

つけめん、ゆで時間10分だそうです。

また、並盛200g、中盛300gまでサービスとの事。今回は、並盛で。

さらに、冷たい雨が降る寒い日だったので、あつ盛りでお願いしました。

R0021493.JPG
こちら、17時からのメニューです。

 ・スープで煮込んだ煮込み
 ・焼わかめ
 ・越後屋の豆腐
 ・玉風串焼
 ・挽肉パクチー

面白そうなメニューが満載ですねwww

そして待つことしばし、「辛いつけめん」完成でーす♪
R0021496.JPG

R0021501.JPG
温盛(あつもり)にして貰ったので、湯気が凄いです。

R0021507.JPG
麺は極太の平打ちタイプ。

実際は写真で見るよりも太く、まるでうどんのようです。

R0021500.JPG
つけ汁は、化学調味料不使用とのことです。

R0021508.JPG
鶏・豚・野菜を1日かけて煮込み続けたというスープは、とてつもない高粘度でトロットロの状態です。

「辛いつけめん」にした為、スープの色がまるでカレーのようですが、トロミ加減もまさにカレー状態です。

R0021510.JPG
物凄い濃厚ですが、野菜由来のトロミなのでしつこさ皆無、非常に美味いです。

R0021515.JPG
つけ汁の中には、メンマと大きな角煮状のチャーシューがゴロリと入っていました。


R0021512.JPG
麺をつけ汁につけて啜ると、見る見るつけ汁が減っていきます。

それ位、麺とスープの絡みが良いです。

ってか注意しないと、麺を食べきる前に、スープがなくなってしまうかも。

「辛いつけ麺」にしましたが、辛さは唐辛子&胡椒でしょうか?

辛さ控え目な感じで、食べやすかったです。

麺を平らげて、スープ割りも堪能。実に、充実の一杯でした。

次回は、「インドのつけ麺」を食べてみたいです。ごちそうさま!

つけめん 玉



お店のデータはこちら、ラーメンデータベースをご覧下さい。