今回のお店はこちら、武里にある新潟らぁめん 麺や 寿楽です。
R0020783.JPG
訪問日は、2008年12月20日です。(古い記事ですみません)

家族での来店ですが、某店にふられてこちらへたどり着きました。

R0020781.JPG
新潟らぁめんとのことですが、実際ご主人は新潟出身だそうです。

系統としては、新潟市を中心とするあっさり系ラーメンです。

店頭のショーケース、町の中華屋というか、オールドスタイルな町食堂って感じです。
R0020787.JPG


R0020755.JPG
12:30頃お店に到着で、店内ほぼ満席の盛況。

ちょうど先客退店のタイミングで、なんとかすぐ着席できました。

店内は、奥が厨房で手前がテーブル席です。

厨房側の壁には、「お値段同じで麺二倍(二玉)のサービス!店(こっち)もふんばります)と貼ってありました。

お店に券売機は無く、メニューを見て注文、食後レジにて精算方式です。

メニューには、「昭和32年(1957年)創業」とありました。老舗ですねー!
R0020750.JPG
どの料理も、かなり安めですね〜!

R0020780.JPG
オーダーは、連れとチビがメニューの「少なめ仲間」から「花(ラーメン・餃子・中華丼)」セット(925円)をシェア。

ワタシが、店頭掲示「今月の目ン玉品(サービスもの)」から「タンメン」(ふつう、通常価格685円のところ495円)です。

R0020756.JPG R0020749.JPG
R0020753.JPG
上左は、卓上調味料。

左はポットごと提供されるお茶です。

卓上の「梅漬」は、お一人さん20個限定だそうです(爆)

そして待つことしばし、「タンメン(ふつう)」完成でーす♪
R0020766.JPG

R0020768.JPG R0020771.JPG
R0020772.JPG
いわゆる市井の中華屋さんの、オーソドックスなタンメンです。

化調もバッチリ効いています。

布海苔を練りこんだ自家製麺という麺は、ご主人が新潟の十日町蕎麦の製法を中華面に応用したそうです。

縮れが強く、しっかりとしたコシがあり、なかなか美味しい麺です。

こちらは連れとチビの「花(ラーメン・餃子・中華丼)」セット。
R0020757.JPG

R0020760.JPG R0020762.JPG
R0020763.JPG
ボリュームは、かなりあります。

味的に特筆すべき点はないですが、懐かしいホッとするスタンダードな味わいです。

プライスもリーズナブルで、接客も丁寧。各種ポップがユーモラスで、地元に愛される人気店ですね。
フリーク的惹きは無いですが、雰囲気も含めほっとする一杯でした。ごちそうさま!

麺や 寿楽



お店のデータはこちら、ラーメンデータベースをご覧下さい。