本日(2月12日)、新宿区の某店に振られ、ふと思い立ち湯島へ。

生粋@池袋の姉妹店で、もつ鍋専門店「四代」が2/9より昼限定でらーめんの提供を開始とのラーメンバンクの記事を思い出し立ち寄ってみましたが、この日のランチはカレーうどんでした。ラーメンじゃない日もあるんですね(T_T) カレーも、うどんも大好きですが、カレーうどんの気分ではなかったのでパス。

四代の斜向かいの大喜@湯島を見ると、13時で大行列(>_<)

それではと、レギュラーメニューが未食のこちらへ移動。「四川担担麺 阿吽」さんです。
R0022629.JPG
こちらは、somenmanさんのホームでしょうか?(^_^)
前回らーナビ限定をいただきに、昨年10月中旬に訪れました。なので約4カ月ぶりです。

で結論から言うと、素晴らしいスマッシュヒットでした!

R0022631.JPG
こちらのお店は、担々麺の専門店です。

画像は、店頭メニューです。

R0022632.JPG
ですが、最近(ここ数カ月以内?)、「醤油らぁ麺」も始めたそうです。

分でかすドアです。」と書いてある「自動ドア」に見えるドアを手動で開けて入店します(笑)

入店してすぐの券売機で、まず食券購入です。
R0022633.JPG
オーダーは、「つゆ無し担々麺 【五辣】」(900円)にしました。
「五辣」とは辛さのレベルで、三段階で指定できます。「五辣」は100円プラスですが、最高の辛さです。

入店時13時時点で、ちょうど2席空きました。その後もずっと満席キープです。

チケットを店主さんに渡すと、「五辣は、ものすごく辛いですが、、、?」、ワタシ即座に「大丈夫です、無問題です!(笑)」
「サービスでライスが付きますが?」とのことでしたが、辞退しました。

そして待つことしばし、「つゆ無し担々麺 【五辣】」完成でーす♪
R0022639.JPG

R0022642.JPG
「1841年に誕生した歴史ある本場のスタイル」を踏襲して作られたというつゆ無し(汁無し)担々麺、「五辣」で香辛料の量が凄いですwww

R0022645.JPG
四川産の山椒や唐辛子、豆板醤を使って完全無化調、ラー油も自家製とのことです。

R0022647.JPG
提供時、「よくかき混ぜてお召し上がりください」との指南をいただきますが、画像は自粛(笑)

そのお味ですが、辛いというより痺れが凄いです。
舌や口中、唇がビリビリと痺れる感じ。今まで経験したどんな中国山椒よりも強力な感じです。

しかも、辛さ(痺れ)の奥に複雑で多面的重層的な旨味があり、これは素晴らしい味わいです!

夢中で完食!美味かったー!

次回はスープのある担々麺を食べてみたいです。ごちそうさま!

四川担担麺 阿吽



お店のデータはこちら、ラーメンデータベースをご覧下さい。