2008年1月21日、この日は、府中方面で仕事でした。帰社する道すがら、電車を途中下車してちょっと早めの夕餉にこちらへ。
麺屋 利休@国分寺さんです。
R0022028.JPG
こちらは、麺屋武蔵の鷹虎や虎洞で修業された方が独立して、2008年9月19日にオープンさせたお店です。
オープン翌日の様子を、38410415 さんがレポされてます。国分寺は、38410415 さんのホームですものね〜(笑)

狙うのは、昼夜各10食限定という「濃厚つけ麺」(900円)です。

R0021996.JPG
ターゲットを補足しました(笑)

R0022002.JPG
チケットをスタッフに渡すと、
「濃厚つけ麺は麺を茹でるのに10分かかりますがよろしいですか?」と聞かれます。
もち、OK。

また、普通盛り・中盛り同料金とのことで麺の量を聞かれます。
普通盛りにしました。

ちなみに、
 らぁめん 並盛150g 中盛225g 大盛300g
 つけ麺 並盛200g 中盛300g 大盛500g
です。

R0021999.JPG
店内の様子です。
店内は、厨房を囲むようにL字型カウンターで12席です。

R0022001.JPG
卓上の様子です。

卓上調味料は、唐辛子と胡椒だったかな!?

綺麗に整えられて、シックで清潔な印象です。

店名の「利休」は、茶道(わび茶)偉人、千利休から取ったものではないでしょうか?
このためか、店内も和の趣と風情のある調度です。

そして待つことしばし、限定「濃厚つけ麺」完成でーす♪
R0022007.JPG

R0022010.JPG
麺は確かに極太、しかもゴワゴワ系で開化楼のチー麺チックですが、もっと太いかな?

R0022012.JPG
麺の中に、黒い粒々が見えます。

多分、全粒粉ではないでしょうか?

風味が良いですね〜!

R0022014.JPG
つけ汁は、スープ表面を魚粉と海苔が覆っています。

R0022016.JPG
すぐ表面に膜が張って、油(脂)濃度の高さがうかがえます。

R0022018.JPG
そして、特筆すべきは、その濃厚さ、トロミ加減です。

トロットロの高粘度で、ポタージュというか、もう少し煮詰めるとペーストになりそうです。

R0022023.JPG
ドロドロのつけ汁に極太麺をつけると、スープが絡みまくりで重たいです(笑)
インパクトがあって、なかなか美味いですね〜!

ただ、正直言いますと、食べ歩きをしている方にとっては、ありがちな濃厚豚骨魚介のテイストで、新鮮味はないです。

かなり美味いことには違いないのですが、もう少しオリジナリティも欲しいところです。

R0022021.JPG
スープの中には、チャーシューとメンマが沈んでいます。

R0022024.JPG
麺を食べ終えたら、スープがこんなに少なくなりました(笑)
トロミ濃度の凄さが、良く出てますね〜!

R0022025.JPG
スープ割りして、完食。
普通盛りですが、お腹一杯になりました。

辛らぁ麺や辛つけ麺も気になるので、次回は辛系が食べたいです。ごちそうさま!

麺屋 利休



お店のデータはこちら、ラーメンデータベースをご覧下さい。