今回のお店はこちら、2008年9月3日に野方にオープンした「味噌麺処 花道」です。
R0020141.JPG
オープン後ほんのわずかな期間で、またたく間に大人気となった行列店です。

訪問日は、12月5日です。
ネット上でも大変評判が良く、気になってましたが、なかかな来ることが出来ずようやく念願の来店となりました。
※古ーい蔵出し日記です。

R0020143.JPG
まっ白な暖簾が、とても清々しいです。

店主さんは、激辛の聖地 中本@池袋と、やはり辛辛つけ麺が大人気の井の庄@石神井公園で修業されたそうです。

いやがうえにも期待が高まります。

R0020140.JPG
来店時、営業時間は11:30〜15:00でした。
オープン当初、昼夜営業でしたが、あまりの混雑に昼営業だけになったようです。

しかし、1月からのスタッフ増員により夜営業再開が決定したそうです。

R0020144.JPG
店内はカウンターのみ6席ですが、カウンター後方に待ち席が6席あり、店内待ちが多い時で8名ほどです。

店内満員で、外に行列が出来ることも多く、近隣のお店から言われることもあるとか。

ワタシが訪問してしばらくの後、12月中旬に整理券制になったそうです。
現在はどうでしょう?

R0020146.JPG
入店すると、まずすぐ左にある券売機で食券購入です。

オーダーは激辛味噌らーめんという「番長ラーメン」(800円)にしました。

R0020147.JPG
壁に掲示の写真付きメニューです。

R0020149.JPG
店内満席のため、ウェイティングスペースで待ちます。
BGMは、iPodでした。

R0020148.JPG
「野菜大盛り」「生ニンニク」無料とのことで、まるで二郎みたいですね〜!

R0020153.JPG
店主さん、お一人で孤軍奮闘です。

大変忙しい様子ですが、しかし接客や調理はとっても丁寧で好感が持てます。

卓上の様子です。

R0020151.JPG
卓上メニューです。
店名が「花道」なので、桜でしょうか?花がお店のシンボルなのですね。

R0020152.JPG
つけめんの麺の茹で時間は、8分だそうです。

そして、お店到着から約40分後、「番長ラーメン」完成でーす♪
R0020159.JPG
具は、モヤシ・ニラ、チャーシューにメンマです。

R0020165.JPG スープと香味油と両方激辛仕立てというスープは、豚骨味噌の風味・旨味が存分に生かされています。

激辛と言えば、例えば蒙古タンメン中本の北極は、最初にカプサイシンの直截な辛さが来て、その後で豚肉とニンニクの芳醇な旨味がやって来ます。

一方こちらは激辛には違いないですが、、辛さと美味さのパワーバランスが実に良いです。

オリジナルの味噌ラーメンの素性の良さがうかがい知れます。長い行列も、納得ですねー!

R0020168.JPG
濃厚スープに合わせられる麺は、軽いウェーブのある太麺です。
濃厚な味噌スープ負けない、しっかりとコシのある美味い麺ですね〜!

R0020163.JPG
具のモヤシは、増しにしなくてもたっぷりと入ってます。

軽く中華鍋で炒められてますが、十分にシャキシャキ感が残っていて、濃い味スープにベストマッチです。

そして、存在感のある極太メンマが目を引きます。

このメンマ、ぶっといですが思いの外柔らかく食べやすいです。

R0020160.JPG でっかい角煮状のチャーシューも、柔らかで美味、食べると思わず笑みがこぼれます。


総じて大変満足度の高い、完成されたラーメンでした。

ノーマルの味噌ラーメンやつけ麺もぜひいただきたいです。

ロケーションと行列が問題ですが、、、

ごちそうさま!

味噌麺処 花道



味噌麺処 花道の公式HPは、こちらです。