5月4日のオフ会、1軒目は単独行動でしたが、2軒目からはみんなと合流です。遅れてkenちゃん。さんも参加。2軒目からは、6人です。
その2軒目はこちら、東急田園都市線の池尻大橋にある「支那そば 八雲」です。
R0013634.JPG
もともと中目黒にあったお店ですが、2005年8月にこちらへ移転オープンしました。

店主はたんたん亭@浜田山で修業された方で、いわゆるたんたん亭系と呼ばれるラーメンが味わえます。
たんたん亭系の共通点ですが、あっさりとした支那そばで、手間をかけて本当に焼いている縁の赤いチャーシュー、美味しいと評判のワンタンが特徴です。

お店は、池尻大橋駅を出て玉川通りを渋谷方面へ、大橋交差点を右折、山の手通りを進むと、支那そばののぼりが見えて来ます。
R0013590.JPG

店頭、というかビルの前の看板です。
R0013591.JPG R0013592.JPG

お店は、ビルの2Fにあります。青い暖簾に白字の店名が見えます。
R0013633.JPG

ビル右側の階段を登っていくと、右側木製のスライドドアが入口です。
R0013629.JPG

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0013594.JPG
味は、基本的に醤油ですが、濃い醤油ベースの「黒だし」、白醤油ベースの「白だし」、黒と白の「ミックス」が選べます。

R0013596.JPG

とにかくワンタンが美味しいと人気ですが、ワンタンも肉ワンタンとエビワンタンの二種類があります。
ticket.jpg
そこで、お勧め、一番人気は、肉ワンタンとエビワンタン半々づつ入った、特製ワンタン麺です。

オーダーは、「特製ワンタン麺(白だし)」950円にしました。

店内はL字型カウンター12席です。コンクリート打ちっぱなしの床と壁に濃い色のウッディなインテリアで、とてもお洒落な雰囲気です。
R0013598.JPG
ウェイティングスペースも広々、10席程度でしょうか?あります。座って待てるのは、ありがたいです。

しばしの行列の後、カウンターへ。卓上の様子です。
R0013600.JPG

付くっている過程が目の前で見ることが出来ます。スープは一杯づつ小鍋で沸かしていて、とても丁寧な作業です。
そうこうしているうちに、「特製ワンタン麺(白だし)」完成でーす♪
R0013606.JPG
具は、海苔、刻み青ネギ少々、たっぷりの白髪ネギ、メンマ、チャーシュー、エビワンタン、肉ワンタンです。

白醤油を使ったというスープは、薄味で塩味の加減が絶妙です。油感も程よく、ほのぼのと体に沁み渡る感じです。
R0013607.JPG

麺は極細で、サッパリとしたスープによく合っています。
R0013618.JPG
厨房奥に、大栄食品の麺箱がありました。なので、製麺所は、大栄食品でしょうか?

チャーシュー、ふちが赤いタイプで、チャーシューというとほとんどのお店が煮豚である中、このお店は本当に焼いてある焼豚だと思います。
R0013613.JPG
ロース肉だと思いますが、柔らかで美味しいです。

メンマは柔らか、穂先メンマでした。
R0013615.JPG

そして、こちらの絶品ワンタン、肉ワンタンです。
R0013625.JPG

ほとばしる肉汁って、正にこのことでしょうか。とってもウマーです。
R0013626.JPG

そしてエビワンタン、プリップリのエビが包み込まれていいます。
R0013621.JPG

口中で跳ねる感覚、旨味たっぷり、こちらも実に美味しいです。
R0013627.JPG

そしてこちらが同行者の「特製ワンタン麺(黒だし)」です。
R0013622.JPG
八雲のラーメンのフォトは、圧倒的に、この青い丼が多いですね。一口味見させてもらいましたが、まろやかなしょうゆ味で、白よりも旨味を強く感じる味わいでした。こちらもとても美味しかったです。

八雲さん、ミックスワンタンが絶品でした。ご馳走様でした!

支那そば 八雲



お店のデータはこちら、とらさんサーチをご覧下さい。

too_fat_taka様、TBどうもありがとうございました。