今回のお店は、「韓国屋台料理 醍醐 神楽坂店」です。
R0011842.JPG
こちらのお店は、焼肉と韓国料理の専門店です。銀座本店で、お台場・王子・神楽坂に支店があります。
そんなお店ですが、ランチタイム限定で辛いつけ麺を提供しているとのことで、行ってみました。訪問日は、3月21日です。

店頭掲示のメニュー(らんちめにゅー)です。
R0011843.JPG
ランチタイムでつけ麺を提供しているのは、神楽坂店だけとのことです。

夜のメニュー(一部)です。
R0011844.JPG

店内の様子です。
R0011850.JPG

卓上の様子です。
R0011849.JPG

こちら、卓上メニューです。
menu1.jpg
ランチタイム午後三まで、浅草開化楼製極太麺使用、「特製麺につき、茹で時間旧分ほどかかります」の案内があります。
オーダーは、「魚辛つけ麺」800円にしたつもりですが、完成後気づきましたが、どうやら「辛つけ麺」800円が通っていたようでした(汗

メニュー裏です。「ご挨拶」というか、ウンチクが書かれています。
menu2.jpg
ぐるなびによると、構想5年のつけ麺だそうです。

待つことしばし、「辛つけ麺」完成でーす♪
R0011854.JPG
配膳時、撮影許可をお願いしたら、ちょっと待って下さいということで、店内照明を明るくしていただきました。どうもありがとうございまーす!

つけダレは石焼ビビンバの器でしょうか?鉄器に入って来ます。
R0011856.JPG
スープは、ぐつぐつと煮えたぎっていてアツアツです。スープが跳ねるというので、事前にペーパエプロンが提供されました。これは嬉しい心遣いです。写真は、忘れました(汗

沸騰するスープの上には、たっぷりの刻み韓国唐辛子が乗っかっています。魚辛つけ麺の方だと、この唐辛子が魚粉になるそうです。
R0011859.JPG

麺は浅草開化楼製の極太縮れ麺、茹で時間9分とのインフォです。
R0011857.JPG
焼肉屋さんで、開化楼の麺に出会えるとは、思いもよりませんでした。

茹で上がりも堅くエッジがたった感じです。
R0011860.JPG

「上質な和牛のバラ骨や牛げんこつ、地鶏ガラをベースに自家製コチジャンや韓国産唐辛子」を使ったというスープは、トッピングの唐辛子で辛味が強調されていますが、スープ本体はさほど辛くありません。というか、牛骨スープのダシの旨味シッカリと出ていて、とても美味しいスープです。
R0011863.JPG

スープの中に入っている黒毛和牛のゲタカルビです。かなりのボリュームです。
R0011862.JPG
これは柔らかくって食べ応えあり、すんごいデリシャスです。これほど贅沢なつけ麺の具は、初めてかも(笑)

最後にスープ割りをお願いすると、右のようなポットが提供されました。ポットの中には白濁したトンコツスープ、スープ割り後も美味しいですね。
R0011865.JPG

デザートに、「杏仁豆腐」100円をオーダーしました。
R0011866.JPG
トローリぷるっるんという感じの杏仁豆腐、まったりしたお味で美味しかったです。

韓国焼肉店のつけ麺ですが、十分堪能できました。次回は、夜にプルコギやチャプチェをマッコリでいただきに来ようかな。ご馳走様でした。

韓国屋台料理 醍醐 神楽坂店



お店のデータはこちら、とらさんサーチをご覧下さい。
焼肉・コリアンダイニング 醍醐のHPは、こちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック