本日は、三越百貨店日本橋本店の催事へやって来ました。
info.jpg
3月25日(火)〜3月30日(日)まで、日本橋三越本店本館7階催事場において、「何で鹿児島展」が開催されています。その催事場会場にて、イートイン初登場という鹿児島県姶良町にある一軒目というラーメン店が出店しています。

鹿児島ラーメンといえば、トンコツと鶏ガラや野菜を炊き出したスープで、他の九州ラーメンが白濁豚骨なのに対して、あまり脂っこくない茶濁と言われています。また、具材には揚げネギが多く、大根の漬物が食べ放題のお店が多いです。ラーメンの価格も、九州一高く、700円台〜1000円台のお店まで、あるとのことです。

ここまでが、一般的な鹿児島ラーメンの特徴ですが、今回出展の「一軒目」はちょっと違っているようです。早速行ってみましょう。訪問日は、3月28日です。

イートインコーナーは「うまかもん茶屋」ということで、3軒のお店が一か所で食べられるようになっています。
R0012137.JPG

イートイン出来るお店は、ラーメン店の「一軒目」の他に、「カレーテリア沙羅」の「緑茶鹿児島緑カレー」、そして、「天文館むじゃき」のフルーツかき氷「ベビーストロベリー白熊」などです。
menu.jpg

こちらが、サンプルです。
R0012126.JPG
オーダーは、「潮らーめん」731円にしました。入口のレジで食券を購入します。徴収はなぜか、730円でした。

17時過ぎの来店でイートインコーナーは、ガラガラでした。

お店のキャッチコピーは、「こってりラーメンに疲れた大人の味」「魚好きの方ならきっとご満足いただけると思います」です。ちょっぴり期待かも!
info2.jpg

待つことしばし、「潮らーめん」完成でーす♪
main.jpg
「潮らーめん」というだけあって、トンコツ主体の鹿児島ラーメンとは似ても似つかぬ塩ベースのラーメンです。

具は、笹切りネギ、カイワレ、チャーシューメンマです。
R0012132.JPG
上に振りかけられているのは、胡椒かと思ったら、鰹節粉のようでした。

スープは、丼の底まで見通せそうなほど、透きとおっています。
R0012135.JPG
お味の方は、シンプルなカツオだしで、まるでうどんのスープのようです。とてもあっさりさっぱりとした味わいで、ほのぼのといただけます。

麺は、幅広の平打ち麺で多加水でしょうか、柔らかめの茹で加減、サッパリ薄味のスープなので、もう少し細麺の方が合う気がします。
R0012136.JPG
(ごめんなさーい、こちらのお店では、My箸使うの忘れました!)

チャーシューは薄味、ちょっとハムっぽい感じですが、なかなか美味しいです。
R0012131.JPG

メンマたっぷり、コリコリですね。ちょっと業務用ぽい感じも、、、もし、自家製ならごめんなさい!
R0012133.JPG

総じて、さっぱりあっさりすっきりと、まとまったラーメンでした。個人的には、もう少しパンチがあった方がいいかも。

そういえば、4月1日から、三越伊勢丹ホールディングス誕生祭だそうです。
R0012140.JPG
4月1日に三越と伊勢丹が共同持ち株会社を発足させて、経営統合するんですね。三越伊勢丹は、統合後は、一躍最大手の百貨店へ急伸します。業績悪化の三越立て直しが目的といわれる統合ですが、どうなるか、、、。
個人的には、これまで以上に地方物産展を開催してもらえると、楽しみが増えますね。!どうでしょう?


日本橋三越本店