今回のお店は、東川口の「麺匠喜楽々」です。
shop.jpg
訪問日は、2008年1月5日です。2007年最後に訪れたお店として、この記事でご紹介しましたが、2008年家族で最初に訪問したお店が、こちらでした。

あまり日が開かず、2008年1月13日に、限定麺のレポで訪れています。同じお店で、訪問順と掲載順が逆転していますが、ご容赦下さい。


入店すると、まず券売機で食券を購入します。食券気画像は、前回撮影したので省略です。

menu1.jpg
店内掲載のメニュー解説です。



ディフォルトの「喜楽々らー麺」は、豚骨を使わず鶏のみでスープを取った玄米入りの白湯(パイタン)で、魚介スープと合わせたWスープとのことです。
menu2.jpg こちらは、スペシャルメニューです。

・塩ラーメン
 動物系を使わない魚介系のみのスープ。
 塩ダレには、帆立貝柱と完全天日塩の「カンホアの塩」。

・つけ麺
 豆乳ベースに魚介が効いたスープ。

・坦々麺
 自家製のゴマダレベース。
 鶏挽肉を豆板醤と自家製ラー油でピリ辛に炒めた肉みそ。

・汁無坦々麺
 花椒の香り。
 赤酢や鎮江香酢・芽菜・松の身・チャーシューを漬け込んだタレ
 
 

menu3.jpg
トッピングと追加メニューです。

味玉は有精卵
鶏蛋湯(チータンタン)も可能です。

こちらの「月替わりご飯」は、独創的かつ美味しくて、とても有名です。


オーダーは、基本の「喜楽々らー麺(細麺)」680円にしました。連れは、1日限定10食という「濃厚坦々麺」900円です。また、このお店だと、チビが1/2杯食べれるので、「塩らー麺(細麺)」680円をオーダーしました。

坦々麺を注文すると、ゴマを渡されます。
R0010081.JPG
ゴマをすりながら、ラーメンの完成を待ちます。

ラーメンを半分に取り分けて、ぬるめで作るサービスも可ですが、今回はノーマルサイズでお願いしました。

卓上の様子です。
R0010080.JPG
黒い壷には、塩昆布が入っています。

こちらが、その中身です。
R0010084.JPG

待つことしばし、「喜楽々らー麺(細麺)」完成でーす♪
R0010088.JPG
トッピングは、チャーシュー、揚げネギ、青ネギ、芋がらです。

白濁したややとろみのあるスープは、鶏を煮詰めて作った鶏白湯(パイタン)スープで魚介ダシを合わせたWスープとなっています。
R0010092.JPG
あっさりとした中にもコクがあるとは、正にこのことですね。シンプルですが、味わい深く実に美味しいです。

自家製麺は、ツルシコで食感が良く、とても美味しいです。
R0010095.JPG写真はMy箸です。お店が用意しているのとは異なります。
チャーシューは、鶏チャーシューです。鶏とは思えないほど、ジューシーでコクがあります。
R0010096.JPG

こちらは、連れの「濃厚坦々麺」です。
R0010093.JPG
ちょっと食べさせてもらいましたが、芳醇なゴマの香りがして、花椒が効いています。スパイシーで、とても美味しいです。

こちらは、チビの「塩らー麺」です。
R0010086.JPG
緑のトッピングは、三つ葉です。動物系を使わない魚介系のみのスープは、あくまで優しく、ホタテのダシも効いています。

無化調でもあり、なんだか健康に良さそうなスープです。

今回も、大満足の味わいでした。天然素材だけで健康的に、ここまで美味しく出来る。こちらのお店に来ると、それが、しみじみと感じれれますね。

喜楽々さん、いつも美味しい健康的なメニューをどうもありがとう!

麺匠喜楽々の、「2007クリスマス限定 ホッキ貝の塩ラーメン」の記事は、こちらです。
同店の、点と線のコラボNo6「いかすみ和え麺」の記事は、こちらです。

麺匠 喜楽々