本日ご紹介するのは、ユーモラスなネーミングのお店です。
20071219_175626_0.jpg

そのお店というのは、西新宿、新宿警察署の裏、東京都庁の近くに2007年12月5日にオープンした、「麺食い 慎太郎」です。


20071219_175736_0.jpg
訪問日は、12月19日の夜です。

入店すると、まず券売機で食券を購入します。
20071219_175849_0.jpg
メニューは、基本的に「イカしたつけめん」880円、「おいらはつけめん」780円、「嵐のらーめん」850円の3種類と、そのトッピングバリエーションです。

そうです、立地が都庁近く、店名が「慎太郎」で、メニューが「イカしたつけめん」、「おいらはつけめん」、「嵐のらーめん」ということで、石原パロディーなお店なんですね~!
menu.jpg

東京都庁石原都知事石原プロモーションに許可を得ているのでしょうか?(汗
20071219_182249_0.jpg←近所の都庁~゛

取り合えず、オーダーは、「イカしたつけ麺」880円にしました。大盛りサービスとのことですが、普通盛りでお願いしました。
menu2.jpg

メニューの説明書きです。
 イカしたつけめん
  「おいらはつけめん」をベースに、かつお、さば、アゴ、海老、昆布等を
  じっくり溶けるまで煮込んだ魚のだしを加えています

 おいらはつけめん
  濃厚豚骨魚介系つけめんです。
  麺は、国内産の小麦粉を使用し、
  濃厚な味に合わせたモチモチな太麺です。
  スープは青森から取り寄せた新鮮な豚骨を
  十時間以上掛けて炊き込んでいます。

 嵐のらーめん
  濃厚豚骨魚介系らーめんです。
  青森から取り寄せた新鮮な豚骨を、
  十時間以上掛けて炊き込んだスープに
  かつお、さば、昆布等の魚だしを加えています。

しかし、かなり強気の価格設定ですね~!場所柄とはいえ、ちょっと高い気も・・・

店内は、カウンターのみで10席です。卓上の様子です。
20071219_180104_0.jpg
横長のカウンターで、カウンター越しにやはり横長の厨房があります。

狭いお店ですが、スタッフは確か4人いらっしゃいました。
20071219_180154_0.jpg
で、座る場所によっては、こんな感じ出来上がりを待ちます(滝汗

壁には、つけ麺の食べ方という掲示もありました。
20071219_180030_0.jpg

そうこうしているうちに、「イカしたつけめん」完成で-す♪
20071219_180553_0.jpg

国産小麦を使ったという麺は、太麺でつけ麺によくあるタイプです。
20071219_180550_0.jpg

ツルシコタイプで、なかなか美味しい麺でした。
20071219_180617_0.jpg

濃厚豚骨魚介系つけめんの「おいらはつけめん」に、さらに、かつお、さば、アゴ、海老じっくり溶けるまで煮込んだ魚のだしを加えたということで、期待したのですが、普通の豚骨魚介スープでした。
20071219_180530_0.jpg

確かにちょっと塩分は濃いめかも。
20071219_181255_0.jpg

価格を忘れれば、豚骨魚介Wスープの普通に美味しいつけ麺ですね。
20071219_180705_0.jpg
ただ個性がないというか、流行りに乗り過ぎているというか、物足りなさと割高感はあります。

スープ割りは、「つけ麺の食べ方」の掲示にありましたが、「香味野菜で炊き込んだチャーシューの煮汁」で割るそうです。
20071219_181439_0.jpg
で、スープ割りです。チャーシューの煮汁で割るって、どんなん?って思いましたが、普通のスープ割りと変わらず、スープが適度に薄まって、しょっぱくなく飲めるようになりました。

ありがちな味と書きましたが、この界隈だと小滝橋通りまで行かないと、つけ麺の有名店はありませんね。そういう意味だと、高層ビル群の中にあって貴重な1軒ですね。
王道の味で、つけ麺好きには美味しくいただけると思います。
石原都知事御一行様も、視察に来るかな!?

麺食い 慎太郎