今日(7/27)、四谷2丁目交差点そばに「太陽のトマト麺」というお店が、まさに本日オープンしました。

早速行ってきましたので、ご紹介します。お店の売りは、完熟トマトを使ったラーメンです。


このお店は、チェーン店「よってこや」を経営しているイートアンド社(旧社名大阪王将)の新ブランド店です。

「太陽のトマト麺」としては、錦糸町本店、広島店、大塚北口店(2007/6/29OP)の次の、4つ目の支店です。

入店すると、大きな厨房を中心に、L字型のカウンターが周囲を取り囲んでいます。

厨房の中に、液晶TV。日テレの「ぶらり途中下車の旅」で錦糸町の「太陽のトマト麺」が放映されたビデオを繰り返し流していました。

TVの右に見えるのは、エクストラバージンオリーブオイルです。

カウンターはこんな感じ。新しくて気持ちいいです。(手ぶれですが、、、)

お冷やは、水ではなく、ジャスミンティです(薄いですが)。正面のポットからセルフで入れます。

また卓上には、粒コショウと、多分オリーブオイル。

粒コショウの容器は、ウサギの耳みたいな柄の部分をハサミのようにシャカシャカ押すと、粒が削れる仕組みです。

あと、オイルには、本当にオリーブが漬かっていました。

メニューの右側は、こんな感じで。オーダーは、「太陽のチーズラーメン」780円にしました。

オープン日前日に配布されていたチラシによると、
「イタリア産完熟有機トマトを鶏ベースのスープと合わせた、野菜たっぷりの太陽の恵み味
 今までのトマトラーメンとは一味違う豆乳入り極細麺との相性もバッチリ」
だそうです。

メニューの左側は、こんな感じで。

カウンターに掲載のインフォ、からあげが名物とのことです。

あと、お箸は割りばしを廃止して、洗い箸を洗浄再利用、環境へ配慮だそうです。また、ペーパーナプキンを止めて夏は冷たいおしぼりを提供、ここでもゴミ低減だそうです

「太陽のチーズラーメン」完成でーす!

黄色いトッピングは、粉末状のモッツァレラチーズです。その上に緑色のバジルがちょっぴり。

スープは、鶏ベースにトマト3個分のエキスを加え、ミネラル含有量世界一のモンゴル岩塩を使用したタレを加えたものです。

あっさりしていて、トマトの爽やかな酸味と甘味がよく出ています。

極細のツルツルです。やや柔らかめのゆで加減ですが、このスープにはよく合っています。

麺の量は、少な目です。量が足りない場合、替え玉150円か、「らあリゾ」150円(発芽玄米入りご飯と薬味でリゾット風に)が良いでしょう。

粉末状のチーズですが、時間がたつとスープの熱で溶けてくっついてきます。見た目、天津麺みたいになります。

このチーズも美味しいです。

鶏チャーシューですね~!

チャーシュー自体にはさほど味がありませんが、トマトスープで食べると美味しいです。

こちらは、オープン前日に配っていたチラシに付いていた「からあげ」X2サービス券利用の成果です。

揚げたてのアツアツです。

サクサクでジューシー、美味しいです。

食べてから気づいたのですが、すこしだけニンニクが効いています。まあ、許容範囲で気になるほどではないです。

大資本チェーン、普段は避けるのですが、ちょっと気になったので寄ってみました。
斬新な味と環境への配慮など、意外と良かったです。侮りがたしですね~!

お店のHPはこちらです。

太陽のトマト麺 四谷2丁目店