今日(6/12)は、いけ麺の大好きなお店へ。

そのお店は、四谷にある支那そば屋こうやです。創業1964年(最初は屋台から)という老舗です。

店頭には、猫の置物や正体不明な巨大魚のオーナーメントなどが鎮座しています。



以前は、こんなオブジェが店内の天井から吊下げられていたというから驚きです。

入店後、カウンター席へ。卓上は、シンプルです。

券売機は無く、食後の後精算方式です。昼のメニューは、麺類が主体です。

夜のメニューは上海料理主体です。

夜の部もメニューを見るだけで、とっても美味そーなわけですが。。。

で、オーダーは、名物で一番人気の雲呑麺900円にしました。

雲呑麺、完成です。

まず、スープが特徴的です。どんぶり一杯になみなみと注がれたスープは半透明で塩味です。
アッサリなのにコクがあり、後引く旨さです。トンコツと鶏の出汁が効いています。

麺は170グラムとボリュームのある細縮れ麺。コシもしっかりありスープによく合います。

ワンタンは、巨大で肉汁たっぷりな物が5個です。

いわゆるワンタンとは、「雲呑」と書いて、普通は皮の食感を楽しむものとされています。

こうやのワンタンは、餡がギッシリ、肉汁たっぷりで実に食べ応えのあるディリシャスなワンタンです。

わんたんだけ食べても結構なボリューム、しかも美味しいです。

チャーシューは、まあ普通においしいです。

後は、九条ねぎとメンマがたっぷりでスープによく合います。

こうや@四谷で修業されたラーメン店は、
  高はし@飯田橋
  茂木@三軒茶屋
  らーめんひろ@神保町
など、著名店があります。

また、このお店2005年12月に火事でほぼ全焼しました。しかし、2006年4月無事再開。名店のあの味は健在でした。
大好きな味だけに、末長く続けてほしい!そう思いながらお店を後にしました。

支那そば屋 こうや