麺好い(めんこい)ブログ

ラーメンをはじめとして麺類全般が大好きな普通の会社員が綴る、究極の一杯を探し求めるための食べ歩き記録です。

コロナ禍で飲食店が大打撃を受ける中、ドラスティックな対応を迅速に実行した凪。縁のある店を中心にコラボアイテムをラインナップした「RAMEN STOCK」は斬新でした。

IMG_7751

最近はRAMEN STOCKとは別にオンラインショップも展開中。遅ればせながら初「RAMEN STOCK」、久々の通販ラーメン。

IMG_7744

今回ゲットしたのは、ラーメンとつけ麺の計4食セット。かなりお得なプライシングでしたが、期間限定だったためか今見ると同じ商品はありません。

IMG_7731

セット内容も凝っていて独創的。1枚め画像は、冷蔵庫に貼る磁石付きカード、通称「冷マ」サイズのマグネット。2枚め画像は購入のお礼のメッセージカード。上画像は疫病退散「アマビエ」イラスト、ご利益ありそう。

IMG_7707

ラーメン・つけ麺は冷凍で、麺x2、スープx2、海の辛銀だれx2のセットがラーメン用とつけ麺用で計4食。チャーシューとメンマはスープの中に入っています。

IMG_7726

作り方もラーメン用・つけ麺用にそれぞれ付属。ですが、間違い探しって位ほとんど一緒。

IMG_7736

スープ・つけ汁の湯煎時間は5分以上。ラーメンの麺ゆで時間は4~5分、つけ麺の麺ゆで時間は6~8分。

IMG_7764

そして、凪の「すごい煮干ラーメン」完成で~す♪

IMG_7799

具はチャーシュー、メンマ、いったん麺、海の辛銀だれ1袋にプチ煮干x2入り。盛り付けに失敗してでっかいチャーシューが麺の下敷きに。別途ネギを用意してましたが、トッピング忘れ

IMG_7801

ラーメン1杯に20種、70g以上の煮干しを使っているというスープは、冷凍通販でもまさに凪クオリティ。「超絶煮干スープ」という謳い文句に偽りなしのニボーノスープですごく美味しい!

IMG_7812

麺は新宿だるま製麺製の太縮れタイプ。もっちもっちのふかふかでハリとコシのある食感を楽しめるタイプ。煮干しMAXスープとの相性も抜群。

IMG_7807

「いったんめん」、これは発明っすね。ツルンとした絹のような歯ざわりが心地よくウマ~です。

IMG_7817

「すごい煮干つけ麺」

IMG_7776

ラーメンのチャーシューは細かいタイプでしたが、つけ麺の方は厚切りのステーキかってくらいどでかいチャーシューがゴロンと。

IMG_7789

凪のつけ麺は初期のシャバくて酸っぱめのが好みでしたが、煮干度が爆発的に向上した最近の濃厚タイプも旨いです。煮干しの存在がダイレクトに感じられてつけもいいなぁ!

IMG_7781

「すごい煮干つけ麺」2杯目はイタリアンなまぜそばにカスタマイズ。

IMG_9199

麺をゆでて湯切り後耐熱皿に盛ってチャーシューメンマも麺の上に。つけ汁を回しかけ、ピザ用チーズを振りかけてオリーブオイルを垂らしてオーブンで加熱。チーズが溶けて焦げたら出来上がり。

IMG_9202

余ったつけ汁はつけ麺として楽しむ想定でしたが、手元で味の調整用に活躍。煮干とチーズが劇的にマッチング。さらにきざんだ玉ねぎがとても良く合います。もう一手間かけて、つけ汁を煮切ってさらに濃くすると、卵黄やマヨも合いそう。いろいろカスタマイズも楽しくて美味しい!

IMG_9205

おいしく完食!先ごろ凪通販サイトに登場した自作ラーメンキットも気になるし、今度麺の刺し身を注文しちゃおうかな。ごちそうさま!

すごい煮干ラーメン凪 (224/’20)

2020年8月15日、新宿の新店「ラム骨らぁ~麺専門店 らむね屋 新宿三丁目店」へ。

IMG_8985

2020年8月11日オープン。ラム焼肉専門店がランチタイムにラム骨ラーメンの提供をスタート。それは気になると、麺やべらぼう@銀座一丁目の後こちらへ。

続きを読む

2020年8月14日、渋谷の新店「KURO-OBI MIYASHITA PARK店」へ。

IMG_8748

渋谷の宮下公園に、複合商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」が2020年7月28日より一部店舗から順次オープン。お目当てのKURO-OBIは2020年8月4日オープン。当初密回避で入場は予約制でしたが、それも終了。そろそろ落ち着いた頃かなと。

続きを読む

2020年7月25日、狭山市の新店「大友食堂 2nd season」へ。

IMG_7328

2020年6月9日、コロナの影響で営業自粛していた大友食堂が再開。復活にあたってメニューをリニューアルして心機一転再出発。雲呑麺のお店 おんわ@所沢の後こちらへ。

続きを読む

2020年8月8日、馬車道の新店「横浜中華そば 維新商店 みなとみらい店」へ。

IMG_8200

2020年8月5日、横浜市役所内に商業施設「ラクシスフロント」がグランドオープン。飲食店街「もとまちユニオンフードホール」にラーメン代表として「維新商店」が登場。そりゃ行かなくちゃw

続きを読む

2020年8月7日大安、本日オープンの新店「ラーメン リンダ軒」へ。

IMG_1797

はやし田(新宿池袋・赤羽・横浜・武蔵小杉)、鳳仙花時は麺なりくろ渦、ふじ松(戸塚・大船)、鈴蘭花山かつら木を展開するINGSの新ブランド。既存店と同じ味なら後へですが、新味投入とのことでちょっと期待。

IMG_1760

8月7日~8日の2日間オープンキャンペーンでらぁ麺・つけ麺・まぜそばがワンコイン500円。

IMG_1758

店の場所はJR新宿駅西口徒歩約8分、小滝橋通り沿い。龍の家の隣。古武士の跡地。

IMG_1751

ちなみに、グルメ王渡部!?イチオシメニュー豚丼の豚大学もすぐそば。

IMG_1798

また、至近の麺屋武蔵新宿総本店は店舗改修工事により休業中、知らなかった!

IMG_1799

12:10頃到着で先客10に接続。列びは店頭に3〜4、以降はガードレールに沿って列を形成する方式。

IMG_1746

店頭開店祝花はちば醤油から。店頭に山積みの麺ケースはカネジン食品のもの。はやし田と言えば菅野製麺ですが、今回は新ブランドで新麺投入!?

IMG_1755

順番になって呼ばれて店内へ。入店するとまず券売機で食券購入です。

IMG_1763

主なメニューはラーメンこってり・あっさり700円、つけ麺あっさり・こってり750円、油そば700円、他。8/7-8は麺類500円。ラーメン・つけ麺は食券を渡すとこってりかあっさりか聞かれます。

IMG_1765

列び中に確認しましたが、こってりととあっさりはスープが一緒でこってりは背脂、あっさりは背脂の代わりに鶏油が入るとのこと。また、はやし田は鶏のみですが、リンダ軒では鶏と豚を使っていてはやし田とは製法は似てますがスープは異なるそうです。

IMG_1766

店内は厨房を半円形に囲むカウンター8席、2人卓x4、4人卓x2。カウンターは1席ずつ仕切りがありますが、下が空いてて効果の程は!?スタッフは厨房・ホールに男女合わせて6。接客は気配りがあってお客さんをよく見ていて丁寧親切。

IMG_1771

BGMはJ-POP。箸は割り箸。卓上調味料は一味唐辛子、GABANブラックペッパー、おろしニンニク。

IMG_1769

そして待つことしばし、「ラーメン(こってり)」完成で~す♪

IMG_1772

はやし田らしからぬ、ラーメンショップ的な青い桂林丼で着丼。

IMG_1787

具はチャーシュー、色の濃いメンマ、ゆでもやし、きざみねぎ。

IMG_1778

スープはさらさらの背脂醤油味。細かい背脂がびっしり浮いて古風なちょっと懐かしいビジュアル。味も見た目そのままに、個人的にはホープ軒本舗に近い味わい。化調も程々で軽くジャンクなシフト。ちえちゃんラーメン@神田もそんな感じですが、パンチのあるノス系が流行りでしょうか。惹きの強い常習性高めな癖になる味ですごく美味しい!久々で懐かしくて旨くて、あやうく汁完しそうになりましたw

IMG_1795

麺はストレート中細タイプ。ツルシコで抜群に啜りやすい麺で、昔っぽさは微塵もありませんが、コテウマスープと良く合っていて旨いです。

IMG_1790

おいしく完食!周囲の多数派がつけ麺でそちらもかなり旨そうでした。ごちそうさま!

ラーメン リンダ軒 (235/’20)

2020年8月5日、十条の新店「NOODELE DINER アイアン麺」へ。

IMG_8174

2020年8月1日大安にオープン。ハンバーガーとステーキの「アメリカンダイナーバッキーズ」が牛肉ラーメン専門店にリニューアル。やはりコロナ禍による外食控えの影響でしょうか。そんなお店は応援したくなります。

IMG_8127

店の場所は十条駅北口徒歩約3分。十条銀座西通りの先、仲通り商店街。

IMG_8129

もうちょい先並びにらーめんなるみや、斜向いに雨ニモマケズ、さらに先に讃岐うどんいわいがあります。

IMG_8122

店頭開店祝花は、煮干そば流。・逆流・雨ニモマケズ、らーめん専門chu-ru-ri、讃岐うどんいわい・いわい製麺、他から。

IMG_8131

入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューは、醤油メン500円、ウシジロメン800円、アブラメン650円、他。ツケメン650円、邪道(牛以外)、カレー300円、イケメン(品切れ)はX印。

IMG_8134

メン量は、しょうゆメン170g、ウシジロメン200g、アブラメン230g。消毒液は券売機隣。おしぼりとお冷は券売機横からセルフで。

IMG_8135

店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター4席、2人卓を壁にくっつけて 1人卓にした4卓4席、避けた椅子で作った3人卓x1、ボックスシート的な2人卓x1。

IMG_8141

20:20頃到着で先客 1後客2。スタッフは店主さんとサブの男性1。お2人ともノーマスクで、カウンターと客席の仕切りシートも無くて、ちょっと気になるところ。

IMG_8170

BGMはインターFM。箸は割り箸。卓上調味料GABANブラックペッパー、酢、ラー油。

IMG_8138

そして待つことしばし、「醤油メン」完成で〜す♪

IMG_8147

昔ながらのトラディショナルなラーメン丼で着丼。このいで立ちでワンコイン500円とはご立派!

IMG_8158

具は牛チャーシュー、なると、メンマ、海苔、きざみねぎ。

IMG_8153

スープはさらさらの清湯醤油味。牛肉で出汁を取ったというフォンドボー的なスープ。牛スープにありがち癖のある風味やベタつき、牛特有のしつこい甘さが上手く抑えられていて、なおかつ牛の旨味がくっきり。甘めの醤油タレは牛肉を知り抜いた職人の作る技ありの一杯ですごく美味しい!

IMG_8166

麺は、讃岐うどんのいわい製麺製のほぼストレート中細タイプ。しっかりとしたコシがあって、スープの絡みが実に良好、牛肉スープを思う存分堪能できます。さすがにスープが冷めてから後半は甘みが目立ってくるので、ブラックペッパーで喝を入れるとスープのパワーが蘇ります。

IMG_8162

おいしく完食!牛肉デカ盛りで牛の二郎系という「ウシジロメン」が気になります。ごちそうさま!

NOODELE DINER アイアン麺 (234/’20)